April 30, 2005

New Beginning

034ee6ea.JPG今日、ランクキングを見られて、おやっ、ずいぶんと急に上がったな、と思われた方もいられると思うので、少し説明をさせてください。

実は、ランイキング・リストに入る際に、私は自分のカテゴリーをどこにするか、随分迷ったのです。私はこのブラグを通じて、主人の故郷である日本を知りたい、いままでお世話になった沢山の日本の方々との距離を縮めたい、そして、これから会う方々との交流の機会をつくっていきたいと思いました。(もちろん、今もそう思っています。)その結果,
どうしても、一つに決める事ができず、私が興味のあるカテゴリーを5つ選び、ヒット数を分割してもらっていました。

実際、始めた当時は、どんなカテゴリーに適しているか分かりませんでしたし、自分自身どんな記事を書くか見当もつきませんでした。(私は試行錯誤派で書き溜めが苦手) そして、書き始めてみると、予想と大分違っていました。具体的に言いますと、始める前は、アメリカの政治や社会問題を主旨に書いていこうと思っていました。 でも、一旦、ブランク・スクリーンをみつめて、さぁ、なにを書こうかと思うと、社会問題など全く頭に浮かばず、興味のある日常生活の出来事や子供の成長を書いてしまうのです。

私が皆さんに、なによりも分かち合いたいのは、肯定的で、面白く、そして元気が出る話。先日、ある方に書いていただいた「ガス抜き」、子疲れや仕事のストレスから、少しでも和らげる「息抜き」が書けたらどんなにか素晴らしいだろうと思いました。

さらには、このカテゴリーに参加なさっているブラグ・ライターの皆さんには、とても優しくしてもらい、たくさんの励ましや、ご協力の言葉もいただきました。とても感謝している次第です。

そのような訳で昨日、分割していたカテゴリーを一つにしました。私にふさわしいカテゴリーは、この「子育て」であると自覚したのです。

まだまだ未熟で、心にもない暴言や失言もするでしょうけれど、これからもどうぞよろしくお願いします。

ロビン・エリース

  

Posted by robin_elise at 01:51Comments(9)TrackBack(0)

April 29, 2005

クッキーモンスターと自動販売機。

a3c055d7.jpgクッキーモンスターが、ダイエットするようである。Thisweek magazine によると、セサミストリートの企画者たちは、アメリカの子供達の肥満現状を心配し、教育側からの推薦で人気パペットの態度の転換に踏み切ったそうである。

私は納得できない。だってそうでしょ。それじゃクッキーモンスターの魅力が半減してしまいますよね。ミルクを飲みながら、クッキーを一枚ずつ奇麗に割って食べるモンスターなんて見たくないし、だいいち、行儀よいクッキーモンスターがテレビに出たところで、子供達のダイエットの見本になるとは思えない。

確かに、子供達の食生活を変えなければならないというのは理解できます。アメリカ人の肥満現状は最悪です。4歳から16歳の子供を調べたところ、4人に1人は健康に障害がおよぶぐらい肥満だあるという統計もでています。この国に来た方はご承知でしょうけど、公園や、ショッピングモールに出かけると、なるほど、肥りすぎの大人や子供がやたらと目に付きます。

アメリカの子供の食生活を変えたいのであれば、クッキーモンスターの態度を改めるより、まず、自動販売機を学校から失くすことが、はるかに有意義であり効果的です。日本と違い、多くのアメリカの学校では、ランチルームや体育館に自動販売機がズラリと何台も置いてあります。炭酸水の自動販売機であったり、スナックのものであったり、栄養過多になる食べ物やドリンクが、食べてくれ、飲んでくれと叫ぶように並んでる。実際、コカコーラにポテトチップが朝ごはんという子供達もたくさんいるのが現状です。

ではなぜ、自動販売機を取りはらい、栄養のバランスがあるものを生徒達に与えないか? それは自動販売機は学校の大切な資金のモトだから。自動販売機一台あたり約2万ドルの収入があるといいます。又、業者からも強いサポートがあり、自動販売機を失くすことは学校の経済状況を考えると不可能であるとのこと。

もちろん、私は自動販売機が子供達の肥満の原因だといっているわけではありません。各家庭の事情や、ダイエットに対する知識の無さも重要な要素だと思います。しかし、親達が肥満の子供を心配してダイエット・ピルを与えているのを、見て見ない振りをして、そんな子供達に、さらにペプシやチップスを買わせようと自動販売機を置く学校の方針に、私は腹をたてずにはいられない。

Hi everyone!
Needless to say, Cookie Monster is my favorite character in Sesame Street. The way he eats cookies reminds me of how my husband eats dinner. I am all for eliminating junk food venting machines in schools. Have a lovely Day!

よろしかったら、クリックおねがいします。
人気blogランキング
  
Posted by robin_elise at 00:02Comments(10)TrackBack(0)

April 28, 2005

陸の奥歯とジョージ・ワシントン。

53bb7067.JPG16ヶ月の息子、陸に奥歯がはえてきました。 何度も何度も、耳の後方を手で押さえては、痛みを和らげようと振りはらう。微熱で紅くなった頬には大粒の涙がぽろぽろ。 そんな陸を見ているだけで、胸が一杯になってしまう。

歯が生え始めて、おそらく5週間近くなると思う。最初に生えたのは前歯で、それほど痛たがっている風ではなかった。ちょっと不快感があるなと察したら、幼児向の痛み止めを通常の三分の一程度の量を飲ませただけで、直ぐに元気になったものだ。

でもこの数日の夜は、とてもつらそう。もともと夜泣きをする子だが、奥歯の痛みで、二時間おきにハイエナの様に泣き叫ぶ。これは、彼が驚いた時に出す泣き声。おそらく、周期的におしよせてくる痛みに混乱しているのでしょう。

ほうっておけない私は、つい陸の部屋へ彼をあやしに。(こんな夜は旦那が何をしても、泣き止まらない。)痛み止めを与えてから、ロッキング・チアーに座り、ゆっくりと揺らせながら私の子供を抱く。散々泣いて疲れた陸はぐっすり、散々泣かれて起きてる私はぐったり。

こんな夜は、頭がぼーとしているせいか、やたらと変な事を思い出す。例えば、ジョージ・ワシントンの入れ歯。皆さんはU.S.1ドル紙幣を見たことがありますか?そこに刷られている人こそ、我が国の初代大統領、ジョージ・ワシントン。
ほら、子供の頃、「さくらんぼの木を切ったのは自分だ。」 と言って、自分の不祥事を認めた人。(もっとも、これは仮説だっていわれているけれど。)

ワシントンは晩年、ひどい歯痛に悩まされたよう。終いには歯を全部抜いてしまい、木で作られた入れ歯を使ったという。小学校の時だったかな、私が、スクールトリップで、どこかの博物館に行ったとき、彼の入れ歯(おそらく本物ではない)を見て、その大きさにビックリした。そして、その入れ歯のイメージが、やけにはっきりと今夜、頭に浮かんでくる。。。

もう朝だ。太陽の光がなにごとも無かったように、ゆっくりと部屋をそめはじめる。陸を静かにベッドに移して。。。
さて、仕事にいかなくちゃ。なにを着ていこう。まだ洗濯した服、残っていたかな?

今日、一日笑顔で。

Hi Friends!
As you can see, I am having challenging nights! I just couldn’t get enough sleep. Also, I feel bad for Riku. He must be very much in pain. I hope this teething phase would pass quickly for him and…me. Have a wonderful day!

よろしかったら クリックを
人気blogランキング
  
Posted by robin_elise at 02:04Comments(2)TrackBack(0)

April 27, 2005

似たもの同士。

61003764.jpg「君は僕のないものを持っている。だから好きなんだ。」
なんて告白されたら、グラッと、心が揺れたりして。でも、アイオワ大学のソーシャル・サイエンティストによれば、そういう人には、目もくれない方がいいそうです。彼らの研究によると性格や考えが似ているカップルの方が、より長く、深い愛情関係を持つことができるとか。

このリサーチは291組のカップルを対象に、個人の性格の特長をそれぞれ調べて、二人の相違点や共通点を基に、彼らの関係の行方を調査したそうです。

例えば、社交性。貴方はたくさんの友達をもっているとします。もし、付き合っている人が、人と交流するのが好きなら、ポジテヴ。 人見知りしてしまうのならネゲテヴ、という具合。他に、自立性、愛情性など幾つかのカテゴリーがあり、総合して、カップルのポジテヴ、又は、ネゲテヴの傾向を決めるよう。(この場合、ネゲテヴは悪い意味ではない事を忘れずに。)結果とすれば、それぞれのカテゴリーに共通性があればあるほど、カップルとしての成功率が高いとか。。。

専門学者アロン氏によると、私達は自分が無い性格に最初は憧れるものも、結局は、同じ性格の人と一緒になる傾向が強い。それは、自分と同じ性格を持つ相手の気持ちが、理解しやすい、という訳です。

そうなのか。。。と、納得したような、しないような気持ちで、ついつい隣で、キーボードを叩いている旦那を見いってしまう私。

この人と私は似ているのだろうか?でも、どこだろう? まず、うわべではないな、彼は典型的なアジア人で、そして私は典型的な白人。国籍は違うし、育った環境も違う。性格はそれほど似てるとも思えないし。。。 趣味も違うような気がする。 お寿司は二人とも好きでよく食べるけれど、私が好きなのはハマチやサーモン、彼の大好物は私の嫌いなイカやウニ。

それでは、共通なところは。。。朝が苦手?

今日も一日、笑顔で。

Good Morning!
Interesting isn’t it? Even though the statistic says one thing, there are always exceptions. So if you find his traits were different from yours, don’t worry. Just love him, regardless!

よろしかったら クリックおねがいします。
人気blogランキング

  
Posted by robin_elise at 03:54Comments(6)TrackBack(0)

April 26, 2005

一人旅。

fa470e9e.jpg私が結婚する際に、ある友人から「一年に一回は、それぞれ一人旅をしなさい。」と、アドバイスされた。長い結婚生活、時には息抜きも必要ということ。なかなかの名言ではないかと思います。

そのアドバイスを思い出させるかのように、先週末、昔の友達が私の家にひょっこり一人旅。彼女と顔を合わせて話すのは、もう4年ぶり。彼女の名前はデボラ、16歳の男の子、12歳の女の子、そして、3歳の男の子を持つ,たくましいママ。もう10年以上前になるが,ボストンで働いていた時の同僚。といっても、彼女は私より一回り上。(その辺は、チャンと書いておかないと。)

3年前、デボラと彼女の夫は心機一転。二人とも仕事を辞めて、ボストンからフロリダへと引越した。今は、ジャクソンビルという都市で、保険会社に勤めている。去年、クリスマスに送った陸と私のカードが気に入り、彼女は衝動的に、シカゴ行きのチケットを買ってしまったという。

もちろん、私は大歓迎。近くの公園に行ったり、ショッピングをしたり、土曜と日曜の二日間、デボラと有意義に過ごした。私の旦那は、せっかくシカゴまで来たのに、なぜ彼女を、観光地やレストランに連れて行ってあげないのかと、首をかしげていたが、私には彼女の気持ちが痛いほど分かる。デボラが望んだことは、そんな所へいくことではない。

彼女は息抜きがしたかったのだ。家事に振り回された生活から2日間だけ、離れてみたかっただけなのだ。

心の通じた友達と喋り、ポップコーンを食べ、ワインを飲みながら、面白いDVDを見る。子疲れで、すこし荒んだ心を治す、最高の旅。 

そして、日曜の夜遅く、デボラは彼女の家に電話した。

Is everyone O.K? …Good!... I miss you… I’ll be back tomorrow.

電話口で万遍な笑顔。どうやら、デボラの一人旅は、その時終わったよう。

今日も、一日笑顔で。

How are you doing? Do you have good friends? I believe having friends would enrich your life. You can trust them, and they are always by your side. For me, friendship comes first before anything else. Let’s have a great day, girl friends!

よろしかったら、クリックを
人気blogランキング
  
Posted by robin_elise at 03:38Comments(11)TrackBack(0)

April 25, 2005

赤ペンは子供に自信をなくさせる?

f9796e5e.JPGピッツバーグと聞くと、どんなイメージが浮かびますか?
過去に栄えた製鉄産業の都市、人気フットボールチーム(スティーラーズ)のホームグランド、芸術家 アンディ・ウォーフルの出身地などでしょうか。

今日はその都市での小学校の話です。

サアデエス・ステーヴン小学校では、先生達は、赤ペンを使用しないと決めたそうです。 “赤”は、ネェゲテイブ(否定的)のシンボルであり、赤で書き入れられた答案紙は子供達の自信を喪失してしまう、とのこと。

校長先生、フォリスカさんによると、“よくできました“ と、答案に書いてあっても、生徒は赤い色をみるだけで、悪く指摘されているように思い込んでしまい、生徒の両親は、赤いマークをみただけで、ストレスを感じてしまう、と言っています。

では、どの色のペンを先生達は使うのですかと聞かれると、校長先生は、「心が静まるような色。。。紫など。」と、答えていました。

「ふーん。」眉をほそめる私。横で爆笑の旦那。

小学校の努力は認めたいけれど、ペンの色と子供の自信を結びつけてしまうのは、ちょっと無理があるよね。それより、もっと教育の主旨そのものを考えて欲しい。。。

でも。「紫」が心を静める色とは。。考えられない。

Fancy meeting you here!
Well, what do you think? I've never associated “red," as something negative… Then again, I might be aloof about it.
Have a nice day!

よろしかったら、クリックを
人気blogランキング
  
Posted by robin_elise at 02:15Comments(3)TrackBack(0)

April 23, 2005

かんしゃくについて その2

3eea054e.JPG昨日、かんしゃく対処の4ポイントを書いてみました。今日はそれぞれに、もう少しフォーカスをおいてみることにします。

感情的にならない事。
幼児がかんしゃくを起こしている時は、私達の言うことを聞ける状態ではありません。また 聞いたとしても、否定的とり、返ってかんしゃくがエスカレートしてしまうよう。そこで、大事なのは、感情的にならないこと、

例えは、公園でタントロムを起こしている陸に、「帰りますよ。」といくら強く言っても、悪化するだけですし、 我慢できなくなり、「勝手にしなさい」と、その場を去るふりをするのは返って逆効果になります。

冷静に、(または、冷静なふりをして)タントロムがさめて落ち着くまで、幼児の傍で一緒に、待つことが必要だそうです。(我慢と忍耐ですよね。)

自分が大人だっていうことを、忘れない事。
どんなにタントロムがひどくても、その場しのぎの妥協はしてはいけません。変に、不理屈な感情を受け入れてしまうと、幼児は、タントロムは要求を満たす方法だと、学んでしまうからです。

ですから陸がかんしゃくを起こしている際、私から折れて、陸を公園で遊ばせるのは問題外。ここで、引くことはできないのです。(タフにならなくちゃ)

そして、私達、親がその場をコントロールできる、唯一の人物だと自覚すること。陸の隣で、私の旦那が、手足をバタバタし、大声を上げても、(まぁ 旦那の気持ちはわかるけど)解決にはなりませんからね。

かんしゃくが終わった際、静かな所で、ゆっくりと話しあうこと。
  続きを読む
Posted by robin_elise at 22:29Comments(10)TrackBack(0)

April 22, 2005

陸のかんしゃく

230d4e70.JPGかんしゃくについて。

先日、陸は公園で、物凄いかんしゃくを起こしました。公園から離れたくない、帰りたくないと反発して、体を大の字に地面に伏せ、金切り声を上げて、手足をバタバタ。
もう、手がつけられない。其処でベンチに座っている、おばあさんが呆れて、首を横に振っているのが、やけに目についたりして。

かんしゃくは英語でtantrum (タントラム)といいます。自分の意志やパーソナリティが固まりつつあるこの時期(1―3歳)にみられる、典型的なディベロップメント・プロセスの症状。やっていことが妨げられる、事情が分からない、意思が伝えられないなど、フラストレーションが溜り、ついに爆発。タントロムになるわけです。

かんしゃくは、幼児期には、なくてはならないものですが、やはり、公共の場や友達の目の前で、爆発をされると困ってしまいますね。特に、私達が急いでいる時や、手が離せない時に起こりやすいので、なおさらにね。

では、防げないまでも、コントロールはできるのかなと、知人に聞いたり、本をめくっていると、幾つかのアドバイスを発見。参考になるものを幾つか挙げてみました。

• 感情的にならない事。
• 自分が大人だっていうことを、忘れない事。
• かんしゃくが終わった際、静かな所で、ゆっくりと子供と話しあうこと。
• 子供のストレスのレベルを、たえず、チェックすること。

文章では簡単そうですが、行動に移すのは大変。特に、二番目の「自分が大人だという自覚」は、なかなか難しいかも。私の旦那には絶対出来ませんね。

今日も一日、笑顔で。

Hi Moms and Dads!
A temper tantrum is like a summer storm — sudden and fierce. One minute your child is laughing and then, next minutes she is screaming at the top of her lungs. Children between the ages of 1and 3 are especially prone to have tantrum. I hope these suggestions will help you out!


よろしかったら、クリックを。
人気blogランキング
  
Posted by robin_elise at 22:56Comments(13)TrackBack(0)

April 21, 2005

巡りあい。

fe5875d0.jpg
48年ぶりに再会した姉妹のちょっとイイ話。

リディとスザーンは祖母の手により、ヨーロッパの貧しい国、アーゲルニアに育ちました。リディが15、スザーンが17才の時、祖母を亡くし、リディはフランス、スザーンはアメリカへと、それぞれ親戚を頼って別離しました。

別な地でお互い結婚、子育てなど 多忙な暮らしをしていましたが、仲のよかった姉妹は、月に一度、手紙の交換をしていました。その当時(1940‘s)の彼女達には、ヨーロッパやアメリカ旅行する余裕など、経済的になかったのです。

そして、戦争。リディはパリから離れてしまい、スザーンはこの時期、NYからニューオリンズ、そしてシカゴと住まいを移り変えました。その結果、住所が不明になり、お互いの繋がりが切れてしまいました。

その後、何度かリディは渡仏したもの、手がかりが掴めず、帰国。お互いの行方を心配しながら、長い年月が過ぎていきました。

そんな母、スザーンの見て育った息子、クラークは、成人すると渡仏し、何年もかけて、母の姉の行方を突き止めたそうです。

飛行場で48年ぶりに再会した姉妹は再会に涙し、二人の無事に感謝したそうです。
そして、その姉妹の目には、まだ十代であった、別れた時のお互いの姿が重なりあっていたそうです。

人って、どんなに離れていても、いつかは巡り合うことができるのかなと思います。

When they were united, Lydie said, “It was like a resurrection.” “When I see her, I still see how she looked at 17.” I love this story! Have a nice day!


人気blogランキング
よろしかったら、クリックおねがいします。

  
Posted by robin_elise at 23:57Comments(4)TrackBack(0)

ベーグルと朝食とER

5c9c9894.jpg最近、日本でもべーグルが出回っているよと聞いて、ちょっと嬉くなりました。実は、週末の朝、近所のコーヒーショップで、べーグルを食べるのが習慣になっているのです。

コーヒーを飲みながら、軽くトーストしたべーグルにクリームチーズをたっぷりのせ、LOXという、マリネされたサーモンの薄切りをのせてガブリ。贅沢な朝食。

このべーグルはもともとユダヤ人のパンだったのですが、今では宗教や人種に関係なく、アメリカでは定番のブレックファースト。生地がこまかく、ヴォリュームがあるので、トーストより食感があり、腹もちもなかなか。ただ、他のパンより、少しカロリーが高いので、ダイエットしている人はクリームチーズの代わりにホマス(Hummus)という、チックピーズで出来たスプレッドをのせているよう。

ところで、皆さんがべーグルを半分に切られるとき、細心の注意をはらいましょう。 なんと、この街では、朝のER(救急病院室)を訪れる患者さんの中で、圧倒的に数が多いのは、べーグルに関連するアクシデントから。丸いべーグルを割るように縦に切るのは、朝、眠けまなこで、ナイフ慣れしていないの私達には至難の業。間違って、自分の手を切ってしまうのです。痛ソ。

Goodmorning!
It is funny I always associate bagel with breakfast.
Fortunately, I've not had an accident while cutting one.

よろしかったらクリックしてください。
人気blogランキング


  
Posted by robin_elise at 01:25Comments(4)TrackBack(2)