June 30, 2005

ヒッチコックとSummer Movies

eb7feaed.jpg「最近、おかしな現状が映画館では起こっている。」と、NY・Times。

夏はハリウッドにとって稼ぎ時なのに、3年連続、ボックスオフィスの売り上げは低下。この夏一番の話題のスターウォーズは予測よりはるかに下回り、新しいバットマンのボックスセールスも、あまりかんばしくないよう。ハリウッドにとっては耳が痛い話。

調べによると、73パーセントのアメリカ人は、映画館に行くのを好まなくなってしまったという結果。大画面のTVモニターが出回り、家でゆったりDVDを見るほうがリラックスでき、子供達はコンピュータやインターネットで遊んでいる方が映画に行くより面白いとのこと。

「アメリカン人のエンターテイメントの観念における根本的な変化。」とジャーナリスト、ローラ・ホルソンの随分重い発言。(笑)

でも、果たしてそうであるか?

確かに、映画界には競争相手がでてきているのは事実。ホームエンターテイメント・システム、コンピュータゲーム、DVDレンタルなどの繁栄は、まぁ言うまでもない。

しかし、ハリウッドにも責任はあると思う。最近のほとんどのブロックバスターはヒット作品の続篇か、昔流行った映画の作り変え。それも、そのほとんどがあまり良いできではない気がする。

いくらスペシャル・エフェクトが上達したからといって、筋があやふやで結論がすぐに読めてしまう映画は、やはり面白くない。観客が減っているのも無理もないんじゃないかな。

さて、今日は映画の話題なので、ヒッチコックの話を。

ヒッチコック(Alfred Hitchcock 1889-1980) はホラー(恐怖)映画の開拓者。「サイコ」や「北北西に進路を取れ」などの作品の監督しましたが、この人は、なかなか、ユニークな人物だったよう。例えば、パーティの最中によく眠ってしまうし、スタッフやタレントに子供っぽい悪戯を頻繁にしたよう。

そのヒッチコック、実は観客と一緒に彼の映画を見たことが、ただの一度もないとのこと。

「どうしてですか?観客の叫んでいるリアクションを見たくないのですか?」と、インタビューアー。

「NO!」と、ヒッチコックは微笑での応対。
「映画を撮っている最中に、彼らの叫び声は私の頭の中でちゃんと聞こえていますよ。」

んーん、なかなか。でも、今回「叫ぶ」番は観客でなく、彼らを失いかけているハリウッドの方かも。

今日一日、笑顔で。

Well, I can't claim to be a movie enthusiast, but I haven't found many new movies that I want to see this year. Sequel or re-make movies such as Star Wars, Batman Begins, Bewitched, and the Honeymooners don't seem very interesting to me. There are one or two new films out there that I would like to see. One is called "Mad Hot Ballroom;" a documentary on kids in New York City who are learning ballroom dancing. (Any other recommendations)? Hope you have a good day!


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!


Reference: The New York Times, Laura Holson
  

Posted by robin_elise at 23:15Comments(10)TrackBack(0)

June 29, 2005

Summer Family vacation

7dbad497.jpg夏って開放的な気分になりますよね。仕事やら育児をしている最中に、ふと窓から外を眺めて、「どこかへ旅行したいなぁ」なんて思ったり。

さて、そこで今日はアメリカでの家族旅行について。幾つかの雑誌や新聞からこの夏の推薦観光地を取り上げてみました。

まずは、ワイン・カントリー。(Wine Country)
「カリフォルニアのナッパ・ヴァリー(Napa Valley)は洒落たレストランやロマンティクなホテル、そして、もちろん、ワインの味見などで評判だが、家族旅行にも最適。」とNY・Times。特にVineyards of Calistoga と V.Sattui in St. Helenaが家族に人気があるそう。ピクニックそして壮大なブドウ畑を通る路面電車は子供達に大好評とのこと。

ハワイでのアドベンチャー。(Adventures in Hawaii)
月刊誌、Travel+ Leisure Family ではカウアイ島(The island of Kauai)を推薦。大自然に囲まれてのツアーは他では全く見られないものと絶賛。なかでも、Napali Coast にある家族むけ、Kalalau Trail、カヤッキング、スナークル教室などいろいろ楽しめるよう。

古いマジック・キンダン。(Lake Winnepesaukah Amusement Park)
もし、貴方がアメリカの歴史的な遊園地を家族で楽しみたいのでしたら、テネシー州にあるLake Winnepesaukah Amusement Park in Chattanooga、と月刊誌Atlantic Monthly。この遊園地は多彩な乗り物の他に、ネイティブ・アメリカン(インディアン)のテーマを取り入れて、通常とは全くちがう雰囲気をだしているそう。

最後に、50周年のディズニーランド。
カリフォルニアのディズニーランドは今年で50周年。7月の17日の開園の誕生日に18ヶ月にわたるパーティを企画しているとBee・マガジン。やはりディズニーだけあり、そのスケールは大きく、新しくデザインされた花火から、ピーターパンのティンカーベルも出てくるそう。

どうですか?残念ながら、私達は引越しの準備に追われてしまい、この夏、旅行にはいけませんけれど、よろしかったら参考にして下さい。

今日一日、笑顔で。

Summer time, for some reason, has our minds drifting off wanting to visit new places. Here, I've mentioned four destinations for the entire family. I hope you can visit some of these places. I'd like to be traveling somewhere this summer, but I will be spending time preparing to sell our house, and moving to another location. So, we'll have to hold on any trips this year. But we will spend time being outside, and going to some evening concerts in the north suburbs of Chicago.


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!

Contact:
Napavintners.com Outfitterskauai.com Lakewinnie.com Disneyland.com
  
Posted by robin_elise at 01:34Comments(8)TrackBack(0)

June 28, 2005

Love is blind。

b88de915.jpg恋は盲目。

恋はアディクティヴ。

アナタだけしか見えない! なんて、歯の浮くような言葉。
でもこれって、結構本当かも。

NY・TIMESの記事によると、愛への切望心は独自の生物的な衝動によって起こると頭脳調査の上で確認されたとのこと。

この調査は、「恋をしている」多数の大学生の頭脳をスキャンし、反応を分析したもの。結果からすると、「恋」は、渇望、空腹などの神経に反応し、性的な喚起からではないよう。

つまり、恋は食べること、飲むことの願望に近い性質があるということ。

人類学者、ヘレン・フィシャーさんによると、恋は、生物的であるものだが、切望心があまりに強いと報酬への期待感が高まり過ぎて、溺れてしまい中毒症状を起こしてしまうこともある、と主張。

「愛の痛みを持つと、圧倒されてしまい。コントロールができず、理性さえ失ってしまう。そして時には、生活する意欲せえ失くしてしまう。」

さらに、突然に恋が終わってしまうと、この切望心は無くなるどころか、さらに強くなってしまう、そして、それは、中毒者が常用していたドラッグを停止した時に見られる禁断症状と相似している、とのこと。

なるほど。恋ね。

ソファで転寝をしている主人を眺める。あららら、ちょっと口があいているよ。

盲目の恋。 
ふーん。私と彼はお互いに言葉もろくに通じない時にめぐり合い、いろいろな事を試行錯誤でやってこられたのも、やっぱり、この(理性に反した)感情があってからこそ???

それにしても、リワードは、いったい何なのかな?(笑)

今日一日、笑顔で。

Well, it is fascinating to learn about how the mind works in the throes of romantic love. This study explains why love is "blind," irrational & often overwhelming! (Giving us the greatest joy as well as sadness).
Despite centuries of literature and music on the emotions of love, it seems impossible to resist riding this emotional rollercoaster!


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!

Reference: NY Times Hellen Fisher

  
Posted by robin_elise at 02:05Comments(8)TrackBack(0)

June 27, 2005

Excuseと引越し。

950af364.jpgここ数日、更新出来ず終い。 すっかり気が散ってしまっている。

実は、引越しを考えています。 心機一転、気候が穏やかなで発展しつつあるノースカロライナ州へと思ったり,シカゴの郊外がやはり無難かなっと思ったり。

もう少し大きな家へ住みたい。今、私達が住んでいるのは、2ベッドルームの小さなタウンハウス。 ミシガン湖に歩いて数分、駅の傍にあり、シカゴのダウンタウンに近い。 ノースウエスタン大学がある、ここエベンストンは私の好きなカレッジ・タウン。

でも陸が大きくなるにつれて、二人で、丁度よかったサイズのタウンハウスがとても狭く感じてしまう。陸が少しでも駆け回れるくらいのリビング、そして、仕事の関係上、どうしても部屋がもう一つ欲しい。

まだ、はっきりと決めてないので、主人との会話が、ほとんどその話題に集中してしまう。そして、時間があると不動産をチェックしている次第。

ここアメリカでは、引越しは、失業、離婚、に継いで、ストレスの度合いが高いと言われているが、うーん。これは、なかなかオーバーな発言ではないなと、実感。

でも、ある意味では楽しんでしまっている。(笑) いろいろな家を回って、こんな家に住んだらどんな風に装飾しようかな、なんて想像するのは面白い。

まぁ、変な事をくどくど書いてしまって、いい訳っぽいね。でも、これから、引越しの事も織り交ぜて書いていけたらと思っています。

今日一日、笑顔で。

I’ve missed keeping up with our blog the last few days. My husband and I have been spending much time planning to relocate. This subject has been on our minds since Riku started to walk, and is it seems to be the right time to do it. Well, I must say it has been stressful but also fun. I enjoy going open houses and imagine our lives in our new home. As we go through this home purchasing process, I would love to share our experience. 

応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!



  
Posted by robin_elise at 00:16Comments(10)TrackBack(0)

June 24, 2005

風船の影とJohn・M・Brown

70c02d07.jpg最近散歩に出かけると、18ヶ月になった陸はべービーカートの横で取っ手を掴みカートを押して歩く。「乗るのはもう卒業、ママの様に押すことも出来るゾっ」といわんばかり。

カートを押しながら、しきりに車輪が回るのを見ている。車輪が回りだすと、その上に乗っている物が動くということを陸は発見したらしい。

そんな陸。どうやら別な事を探り当てたみたい。

先日、近所の子供フェアの帰りに風船をもらい、それをカートに結び付けて歩きだす。いつものように、陸はべービーカートの横。すると、陸が急に歩道の上でしゃがみこむ。そして、しきりに両手を動かしている。

彼の手のあたりには、風船の赤い影。陸にはその影が、水や物体ように見えて、一生懸命両手ですくおうとしている。風で風船が揺れ、影も動くと、陸は地面に映った影を追いかける、足で動きを止めようとしたり、手でブロックしようとする。

陸の仕草が可愛く、思わず見入ってしまった。
赤くて丸い影の発見、でもその正体が分かるまで、陸には時間がかかるかな。

影というと、ジョン・メイソン・ブラウン(1900−69)の話を思い出す。彼は昔の有名なアメリカの芸術批評家で、ニューヨーク・ポストで主に歌劇と映画を担当。ブラウンのコメントはカラフルで絶えず、話題になっていたとか。

例えば、こんな面白いコメント。
“America is a land where men govern, but women rule.” John Mason Brown
(アメリカは男が治めるているようではあるが、女が支配する国である。)

そんなブラウン、ある日、メトロポリタン美術館で講義をしている途中、ふと、スクリーンに同じ背丈の男に気がつく。そして、その男は自分の身振り手振りをまねしているではないか。

ブラウンはその男に立腹。講義を一旦止めて。観客に、手をひろげて、
「もし、私の講義がつまらないのであれば、どうぞ、帰って結構ですよ。特に其処の人!」と
スクリーンに映った自分の影を指して、怒鳴ったらしい。

この出来事。その日の彼の講義の内容より、当然話題になったとのこと。

今日一日、笑顔で。

Isn’t it wonderful to watch a child discover new things, and learn something new right before your eyes? Riku really enjoyed chasing the shadow of a red balloon, and tried to scoop it up with both hands. As for John Mason Brown, he was a leading U.S. critic of performing arts. His colorful comments, and original perspective made him famous.


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!

Reference: Bartlett’s Book of Anecdotes
  
Posted by robin_elise at 12:29Comments(6)TrackBack(0)

June 21, 2005

夫の家事は何時間?

09f083d9.jpg主人が家に帰ってくると、必ずっていっていいくらい、リビングで靴下を脱ぐ。そして、私が注意しない限り履かれた靴下は、ずーとそこに置き忘れてある。そう、主人にはリビングにポーンと脱ぎ捨ててある靴下の不自然さが分からないし、靴下自体なぜか見えない。(笑)

そこで、「アメリカで夫は家事をどのくらいするか?」
今日はこの事について。

この調査はノースウエスタン大学から、年代を対照に夫と妻が家事に費やす一週間の平均時間を調べたもの。

簡単に表すと次のよう。
1965年―― 妻 (20 時間) : 夫 (5時間)
1975年―― 妻 (16 時間) : 夫 (7時間)
1985年―― 妻 (13 時間) : 夫 (8時間)
1995年―― 妻 (12 時間) : 夫 (9時間)
2000年―― 妻 (12 時間) : 夫 (9時間)

さてと、この統計をどう解釈するか? 

ローロォフ教授によると。
どの時代でも、妻の方が夫より多く時間を家事に費やす傾向にあるとのこと。それはたとえ二人とも同じ様に仕事をしていても同じ。女性の方が、家事に対してより強い責任感があり、一般に男性より家事に几帳面であるよう。

また教授は、おそらく夫が妻と同じ時間、家事に費やすことは、近い将来予測できない。その証拠に、ここ15年以上、比率はあまり変わっていない、と主張。

ただ、現在の傾向からすれば、私達の多くは家事そのものにあまり重視しないよう。家事に便利な物が出回っている反面、一世代前よりは、家事に対して重要性を感じなく、時間を費やさないという。

ふーん。確かに。私の主人の家事鈍感度についてはこの文の始めに書いたが、家事の価値感の減退には耳が痛い。私は家事は嫌いではないが、やはり雑用としてみてしまい、出来るなら家事の時間をなにか他の事とすり替えられたらと考えがち。

んーん。でも、私が家は、はたして1週間に21時間も家事に費やしているだろうか?と
少し気まずい疑問が頭に浮かんでしまった。

今日一日、笑顔で。

It seems that the subject of domestic chores is a difficult one for many husbands and wives. Generally (not always, of course) the husband either doesn't know how, or doesn't want to keep up with the house work (not his "job"). I've heard that it helps for wives to know how to ask wisely, but I haven't found that secret yet! (have you)? Hope you have a great day!


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!


  
Posted by robin_elise at 22:56Comments(353)TrackBack(0)

June 20, 2005

Father'sDay と フロイド

d55750a2.jpg今日は日曜日、 シカゴは快晴。青い空がどこまでも広がって、雲ひとつみえない。ミシガン湖からの涼しい風が心地良く、家から外にでるようにと誘っているよう。

それに、今日は"Father‘s Day。"
家族で時間を過ごすには最適の日。3人で湖沿いの公園にいくのが待ちどうしい。

そこで、今日はこの記念すべき日について。

この日の由来は、1909年、ワシントンDCのソノラ・ダッドさんのアイデアからだそう。なんでも、ダッドさんは教会で「母の日」の祝言を聞いていた時、彼女の最愛な父にも、このような祝日をと願ったとのこと。 

ソノラは六人兄弟姉妹の1人。彼女の母親は6人目の子供を産んでしまうと、不幸にも亡くなってしまい、ソノラさんのお父さんは男手ひとつ、6人の子供達を育てたという。ソノラはそんな父親の献身、愛情、そして勇気に感謝し、父の日を設け、敬意を表したいという。

1910年、クーリッジ大統領がソノラの気持に共鳴し、父の日を支援。そして1966年、ジョンソン大統領が6月の第3日曜日を公式に「Father’s Day」として宣言しました。

さて、幸運にも私は3人の父親を持っている。父と義父にはカードと陸の写真を送りました。毎年遅れてゴメンネ。(笑)

そして、二度目の父の日を迎える主人に、この父の日、何がしたいと聞いてみた。

「ビールを飲みながら、新しいスーターウォーズを見たいなぁ。」と主人。

「そうね、こんな良い天気。家族で散歩、すてきでしょうね。」と、主人の言葉を無視しての私。

「。。。」苦笑いの主人。暗黙?(でもないか)のメッセージが届いたよう。(笑)


すべてのお父さん達へ、フロイドはこう言っています。

"I cannot think of any need in childhood as strong as the need for a father's protection." -- Sigmund Freud

(子供に必要なものは父親からの保護、それ以上に必要なものは私には考えつかない。)

今日一日、笑顔で。
Happy Father’s Day!

Well, after taking a long walk, he did watch “Lord of the Ring” on DVD. Boy! That was a long film. No, I did not give him a neck-tie (a common father’s day gift), but he received some flowers and a gift card from his favorite coffee shop, where he spent a long time reading a book. Happy Father’s day!


応援おねがいします。
人気blogランキングThanks for visiting!
 
  
Posted by robin_elise at 07:46Comments(15)TrackBack(1)

June 17, 2005

ココ・シャネルの生涯

dc7b05da.jpgシャネルは1883年、フランス、オーベルニュ地方、貧しい家庭に生まれます。父が逃亡してしまい、そして母と死別。彼女は孤児院で女裁縫師になる勉強をしていましが、17歳になると其処を去り、キャバレットの歌手に成ります。

そこで、バルサンという道楽人に見初められ、彼の援助でパリへ移り、帽子屋を開業。このビジネスを通じ、彼女は最愛の人、アーサー・カペルと恋仲になります。

カペルは彼女のビジネスをサポートし、フランスの高級リゾート地へ彼女のアクセサリーや服を送り込みます。そこで、彼女のデザインしたベルトを備えたルースなセーターとお揃いのスカートが成功。

男性専用ジャージー素材を生かし、体を自由に動かすこといった機能性を重視したスポーツ・ウエアなどが彼女の人気を着々と上げていきます。 でも、不幸にもカペルを事故で失ってしまってしまう。 悲しみの中、彼女は仕事への情熱をさらに強くする。

この時分、なによりも話題を集めたのは香水。独特な優雅な香り、アートデコのデザイン、Chanel No. 5 は1923年に創られたもの。デザイナーの名前を香水のネームにするのは、過去になかった画期的な発想。彼女はCHANELいうブランド名を確立させます。

しかし、その後、芸術家や政治家とのスキャンダル、ユダヤ人迫害の同意、そして、ドイツ軍への援助など、数々の悪い噂に巻き込まれ、シャネルのイメージに影をさします。

そのようなブランドの後退の中。彼女は奇跡的なカムバックを成し遂げます。1950年代、シャネルは女性のスーツを発表。保守的でかつセクシーなスーツは、アメリカで画期的な成功あげ、そしてヨーロッパへと着々と広まっていく。そして、この期を折にして、彼女のブランド・イメージが再確立し、今のシャネルに至っているということ。

ココ・シャネルは、87歳リッツホテルで亡くなるまで、情熱的に仕事をしたという。

プラダはココ・シャネルについてこう言っています。
"She was really a genius. It's hard to pin down exactly why, but it has something to do with her wanting to be different and wanting to be independent."

(彼女は天才です。なぜかよく分からないのですが、彼女の情熱の根源は他の人と違いたい、そして、独立したいという強い切望心からでしょう。)

CHANELブランドの裏にはココ・シャネル。そこには、一人の独創的な女性の情熱的な生涯が描かれています。

今日一日、笑顔で。

I hope you enjoyed reading about Coco Chanel for the last two days.
Behind the name 'Chanel,' there was passion, conflict and a zealousness for life. In America, her designer suits were embraced particularly by women. She was a prominent artist whose medium was fashion. Cocteau once said of her that "she has, by a kind of miracle, worked in fashion according to rules that would seem to have value only for painters, musicians, poets." I hope you have a good day!


応援おねがいします。
人気blogランキング
 Thanks for visiting!
Reference: The Metropolitan Museum of Art. Time magazine

  
Posted by robin_elise at 23:50Comments(4)TrackBack(1)

June 16, 2005

Chanel と NYC

e49288ac.jpg“I want to be a part of what it is to come”
(私は「これから」になりたい。)Gabrielle Chanel
これはシャネルの残した有名な言葉。

前回のNYCのニュースにちなんで、今回はNYCのメトロポリタン美術館で今開かれているシャネルの展示会の紹介。今日と明日の二日間にわけてシャネルのファッションと彼女の波乱万丈の生涯について。

ガブリエル・シャネル(1883−1971)、は単に女性のファッション感を変えるだけでなく、多くの女性に女性観そのものを覆させた人物。頭が切れ、エレガントで、そして、なによりも時代の最先端を走った女性だったよう。

男性特有のスタイルを女性のファッションにアクセントとして取り入れ、彼女の作品を着ている女性に、飾られた服装より、隠れた贅沢さと寛ぎを与ることは、ガブリエル (俗にココ) シャネルのファッションの定義。ココは1920年代から60年代まで、全く違う世代の女性達それぞれに、強く影響を及ぼした。そして、彼女のコンセプトとマーケティグ方法は、現在でもLang, Prada, Sander and Versaceのような人気デザイナーにも共鳴しているよう。

私にとって、シャネルの魅力は2つある。

一つは彼女の彼女自身に対する絶対の自信。
例えばシャネルにまつわるこんな有名な話がある。
彼女は美しく、優雅で大変にもてたという。そんな中ヨーロッパで数本の指にはいる大富豪、the Duke of Westminsterが彼女に求婚。
でも、ココは「伯爵や大富豪は何人もいるでしょう。でもシャネルは私だけ。」
と言って断ったとか。

そしてもう一つはシンプルさを洗練された優美に置き換えたこと。
彼女はこう言っています。
“The seeming simplicity of a masterpiece is sure proof of its grace.”
(成就されたシンプルさは優雅さの証。)
このコンセプトは彼女のジュエリーデザインに強く感じられる。

もし皆さんがこの夏、NYCに行く予定がありましたら、
メトロポリタンのシャネルの展示会を訪れてみたらどうでしょう? 


今日一日、笑顔で。

Is it interesting to learn about Coco Chanel? She really defined simplicity and grace for many women. The clothes Coco created changed the way women looked and how they looked at themselves. I hope you can go to see her exhibit or check these sites!

応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!


Reference: The Metropolitan Museum of Art.


追伸:
そしてもし、私のようにNYCへ行けないようでしたら、このサイトを訪れて見てはどうです?時代を超えたココのファッション性が発見できるかも。

メトロポリタン・シャネル展
シャネル(シャネル展から)  
Posted by robin_elise at 13:39Comments(6)TrackBack(0)

June 14, 2005

2012NYCオリンピック?

1c36ca93.jpg2012年ニューヨーク・オリンピックの夢が届きそう。

昨日のNY.Timesの記事によると、NYCオリンピックのプランが再検討され、メイン・コロシアムはクイーンズ、野球球団、メッツのシェー・スタジアムの隣に建てることで同意。 

この新しい提案はシンガポールで開かれる国際オリンピック委員会に来週には提出するという。 

先週、市長マイケル、ブルーンバーグが推薦したマンハッタンのウエストサイドを中心とする計画が没になってしまい、どうなることかと思ったが、新しいプランが成立し、また期待が大きく膨らんだとのこと。

んーん。コレは楽しみ。

ニューヨーカーにとっては、もうすでに混雑しているこのメトロポリタンに、さらにオリンピックによっての乱れは迷惑かもしれないが、私はぜひ、NYCに決まって欲しい。 

もちろん9.11の悲劇からの克服という意味もあるけれど、私にとってNYCは特別な場所。そして、ロスやアトランタよりも、NYCは,はるかにアメリカを象徴した都市。(良い意味でも又悪い意味でも)

その都市にオリンピックが開かれるのは、なんとも言えない。

7月6日の最終結果が待ちどうしい。

今日一日、笑顔で。

Would it be exciting to have Olympic in New York City in 2012? I think it would be very exciting, because this city represents so many wonderful perspectives of this county. Certainly it would mark a historical triumph after the bitter memory of 9.11.


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!


Reference: NY.Times、Pat Milton

  
Posted by robin_elise at 13:36Comments(9)TrackBack(0)