May 20, 2005

正直に。

b7f966be.jpg昨日、某アダルトサイトの方が私のブログを彼等の社にリンクしたというコメントに残されました。私はこのメッセージを読んで、少し(いや少しどころではない)戸惑ってしまった。ご承知にように、私のブログはアダルトのサイトとは全く関係がないからです。

このブログを新規する際、このような事が起こることは予想していましたが、やはり、実際に起こってしまうと悲しいですね。私と主人は慎重にタイトルや説明を考えたつもりでしたが、やはり、外人女性の名前とアメリカという言葉を組み合わせると、アダルト業のサイトに関連していると思われてしまうのでしょうか。

おそらく、このような間違いは私だけではないと思います。ブログは誰でもアクセスできるミデアであり、又、人気ブログに参加している際、ヒット数が多くなるため、このような誤解のでる可能性は大きい。実際、たくさんのブログ・ライターの皆さんは多かれ少なかれ、様々な問題に出くわしていることでしょう。

ですから、私はこのような間違いを気にしてはいけないのですが、この件に関しては、柄になく感情的になってしまったようです。そして、それは最初に日本を訪れた時の経験
が尾を引いているのだと思います。

初めて日本の地を踏んだ時、私は20代中頃、休暇を溜めてボーイフレンド(現在の主人)と彼の祖国へ二週間の旅行。それまで外国へ行った事がなく、初めての海外旅行で随分緊張したものです。

日本の皆さんはとても親切で、有意義な旅をおくりましたが、何度も、路上を歩いていると、男の人達に “How much?” と聞かれました。若い白人、そして金髪という、セックス・オブジェクトとしてのステレオタイプはアメリカ以上に日本でも強かった事に驚嘆してしまいました。そして、それは、私が一番嫌いな、自分の取られ方でした。ですから、今になっても、その事に触れられると良い気持ちがしないのです。

しかし、もし、その会社の人が私の文を一行でも読んでいただいてもらったら、こんな誤解はたちまち解けたはずなのにと、残念と思うかぎりです。

愚痴になってしまってごめんなさい。これからも、精一杯、私なりに納得いくものを書いていくように努力します。

Hi Friends,
I was surprised to see that comment. I hope that’s the last I see of anything like that. My intention is to make this site clean, credible & inspiring. I hope you have a good day.

応援おねがいします。
人気blogランキング  Thanks for visiting!



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/robin_elise/22568314
この記事へのコメント
ろびんさん。
たぶんロビンさんのところだからってわけじゃないですよ。

我が家のブログにも出会い系サイトのトラックバックがよく入っています。
多分、ロビンさんのところのランキングとか、更新のタイミングで入ってきたのではないでしょうか。

笑えるのはうちの父の携帯にも若い男の人から女の子向けのメールが入ることです。

ブログを作成している人のプロフィールとか内容を見ていたらありえないのですよ。気にしないほうが良いと思います。
Posted by マキちゃんズ at May 20, 2005 20:01
詳細を知らないので、良く分かりませんが、アダルトサイトの宣伝用に作られたコンピュータプログラムが、手当たりしだい人気のあるブロッグのコメントにトラックバックを載せているだけだと思いますよ。

Googleなどの検索エンジンは、サイトのランキングを決める際、そのサイトが、どれだけ沢山、他の人気サイトからリンクされているかを元に決定しています。だからアダルトサイトのリンクがロビンさんのブロッグに乗れば、それだけランキングが上がるわけです。

悲しいことに、そういうプログラムはインターネット上にごろごろしています。気にせずにどんどん削除していくしかないと思いますよ。
Posted by 宗市 at May 20, 2005 23:42
まきちゃん、
んーん。この記事を書いたのは午前3時。実は、今日はジャキー・オアシスの命日で、彼女について書こうと思っていたのですが、コメントをあけてびっくり、昨日排除した、アダルトの方が又、同じメッセージを残しているのです。さすがに私も怒りましたね。それで、衝動的に書いてしまったのですが。。。

今再び読んでみると、なんだか可笑しくなってしまいました。こんなことで、感情的になっているようでは、まだまだですね。

ただ、その会社からのコメントメールを禁止したいのですが、コメント管理の仕方がまだ、よく分からないので。。。少し、悔しいって感じです。
Posted by robin elise at May 21, 2005 07:11
宗市さん。
はじめまして。私のブラグに来ていただいて感謝しています。そして励ましのお言葉本当に有難う。そうですね。気にせず、どんどん排除していった方がよいですね。

私にとって、コメントはとても大事で必要なもの。ブログを続けていくうえでエネルギーを与えてくれる大切な場所。ですから、このようなコメントが残されるとど、それが汚されているようで、分かっていても、感情がでてしまうのかもしれません。(申しわけないです。)

でも先ほど、マキちゃんにも書いたのですが、何時間か経って読むと笑ってしまいますね。ちょっとこんな記事大げさに書かなくても良かったんじゃないってね。この記事を書いたことには後悔しないにしても、少し、頭を冷やした方が良いみたいってね。

アラカンサスに住んでいて、パパでおられるとか。もしかしたら私達と同じ境遇にいるのかしら?これからよろしくお願いしますね。
Posted by robin elise at May 21, 2005 07:28
“How much?” ・・・
情けない話です。ほんとに・・・。日本人として恥ずかしいです。
これに懲りずに、また日本に遊びに来てくださいね。
もし万が一そんな馬鹿男に出くわしたら
日本語で冷静に罵ってやってください。
尻尾を巻いて、逃げ出すでしょう。
Posted by ゆみ at May 21, 2005 08:14
ゆみさん、
どうも有難う。ゆりさんの言葉とても嬉しく受け取らせてもらいます。

何時間か後、この記事を読み返していると、自分がこんな些細なことで取り乱してしまったなぁと、可笑しくもあり、反省もありって気持ちですね。

確かに"how much"って言葉はショックでしたね。でもそれは、アメリカのステレオタイプがそこまで、浸透していたんだなという認識の方が強かった気がします。どんなことがあっても、日本は私の第二の故郷。そんなことでは懲りません。

また勇気づけて下さいね。
Posted by robin elise at May 21, 2005 10:20