May 26, 2005

マルチ・タスキングとIQ

22b349e5.jpgどのCEOだったろうか、ジャック・ウエルチもしくはドナルド・トランプ?
まぁ誰にしろ、そのCEOは時間厳守のため3人の全く異なる事業の専務達と同時にミーティングをし、結論をその場で下したという。俗にいう、聖徳太子の逸話のよう。太子は場合は7人でしたっけ。

でも、調査によると、このような仕事の仕方はあまり良い結果がでていないみたい。
ロンドン大学による研究では、電子メール、携帯電話、複数の責任を持たなければならない現在の労働環境は記憶力やコミュニケーションの減退を促してしまうとのこと。さらに、このようなマルチ・タスキングはIQを低下させるという。

ロンドン大学が主張するには「人間の脳は24時間活動するテクノロジーの世界に適用できるように創られていない。そして、幾つもの仕事やタスクを曲芸のように成り遂げようとすると、返ってボロが出てしまう」とのこと。

ふーん。CEOの平均の就任年数はたった二年半だそうだが、やはりこのマルチ・タスキングのためにでる愚かなミスが彼らの寿命を短くしているのかも。

いつぞや、知人の高校生のマルチ・タスキングの話を書きました。今の高校生の多くがテレビをみながら、論文をコンピューターで書き、電話で多数の友達を話しながらという勉強しているということ。そして、私が高校生だった頃と随分違うったなという実感。

でも、この調査の結果をみると、一つの事をやり遂げて次へ進むというトラディショナルな勉強の仕方の方が効果的みたいですね。なによりも、IQが下がらなくてすむしね。

今日一日、元気で。
 
Hi Friends,
Isn’t it amazing? I never new the flood of e-mails, cell-phone calls and text messages can lower our IQs. The researcher Glenn Wilson tells “This is a very real and widespread phenomenon.” Well, I guess we have to deal our tasks one at time.
Have a nice day.

応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/robin_elise/23162883
この記事へのコメント
ロビンさんこんばんわ!

私もÅしながらBをするというのが嫌いです。

昨日は、夜、買ったばかりの韓国ドラマのDVDを見ていました。
夫がひっきりなしに話しかけてくるので、一時停止にして受け答えに答えていました。夫はいちいち一時停止しなくても…といいましたが、そうすると役者のせりふが頭の中を滑っていってしまって、捕まえられない感じがするのです。(わかったようなわからないような感じでキチンと記憶できない)
その場では、分かったような気がするけど気がするのだけど、記憶できていないのです。聖徳太子なら分かったんだろうって何時も思っています。※

韓国語のドラマを見るとき、殆ど韓国語が分からないので、せりふを聞くのと同時に、字幕を見て、役者の表情も見なければならない。それだけで精一杯で集中してみているのに、夫の話を聞いていられない。

※聖徳太子は一度に7人の話を聞くことが出来たといわれています。
Posted by マキチャンズ at May 26, 2005 23:14
マキちゃん
大変申し訳ありません。早速訂正しました。駄目ですね、もう少ししっかり、このような事を見極めないと。「太子」は「大使」でしたし、恥ずかしいです。何度か見直したのですがね。

実はこれを書いていた時、主人と話していたものですから。この記事の内容を書きながら、実行していなかったわけです。(笑)

それにしても、日本の韓国ドラマのブームにはびっくり、嬉しいかぎりです。
Posted by robin elise at May 26, 2005 23:54