June 06, 2005

アンデルセンと彼の生涯

b5b3493d.jpgゴソゴソと掃除している時に出てきたのが、昔、愛読していたアンデルセンの詩と童話集。
あぁ、これは随分前から、子供ができた時のためにと取っておいたもの。そろそろ陸に読んでやれる時がきたかな。

アンデルセンはなかなか面白い人。ひょろっとしていて、無頓着で、そして、世の中と折り合いがつかない。ドリーマーという言葉をそのまま人物にした人のだったよう。彼の作品は、地球上ほとんどの人が知っていますが、彼の生涯についてはあまり知られてない。

そこで今日と明日、アンデルセンの生涯、そして、彼にいつわる話を。

ハンズ・クリスチャン・アンデルセンは1805年、デンマークのオーデンセのスラムに生まれました。彼の父は貧しい靴職人、母は洗濯婦。少年時代、彼はほとんど教育をうけていませんでした。

11歳の時、父を亡くし、見習いとして職を転々としましたが、どれもどうも板につかない。そこで、14歳のとき役者志願、コペンハーゲンへ上京。彼はソプラノの声があり、その美しい声質をかわれ、スターにはならないまでも、ローヤル劇場の舞台にまで上がったという。

しかし、声変わりの時期が訪れ、劇場を去ることに。そんな時、ディレクターの一人が、彼をグラマー・スクール(小学校)に推薦。17歳で11歳年下のクラスメート達と机を共にすることに。

それでも勉学に励み、文学に目覚めたとのこと。そして、1828年、コペンハーゲン大学に入学。翌年、彼のミュージク・ドラマ、「Love in St. Nicholas' Church Tower」がローヤル劇場で開かれ、着々と名を上げていく。

彼は生涯の旅行好き。ビクター・ヒューゴ、チャールズ・ディキンズなど、数々の有名作家を訪れてながらヨーロッパ中を歩き回ったそうです。そんな彼のイタリア旅行の体験をかいた、「即興詩人」が大ヒット、文学の世界で一目を浴びることに。

その後、ご存知のように「おやゆびひめ」「人魚ひめ」「はだかの王さま」など多くの作品を書き、1875年、70歳で他界するまで、150編あまりの童話を書き続けたとのこと。

さまざまな不幸、挫折、苦労を経験しての成功。みにくいアヒルの子は、アンデルセン自身だったのでしょうね。

今日一日、笑顔で。

I love Hans Christian Anderson. He is known for fairly tales, but his stories were not meant merely for children but for adults as well. He has also written plays, novels and travelogues. Actually, I love his poems. They are very touching and pretty. Anyway, as glancing through my old Anderson’s book, I thought you might be interested in knowing his life.


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!


Reference: Literature Network


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/robin_elise/24385465
この記事へのコメント
アンデルセン。世界の子供が必ず読む童話ですよね。

わたしも、彼の物語を読んだことがあります。
彼の故郷のodense(オーデンセ)からkφbenhavn(ケベンハウン=コペンハーゲン)まで、駅馬車の御者に頼んで、もぐりで乗り込んだり、帆船に乗り継いだりして3日がかりで到着しているんですよね。(今なら貴社とフェリーで4時間もかからない道のりなのに…。)昔の人って凄いですよね。

デンマーク、今度ゆっくり旅行したい国です。
Posted by マキチャンズ at June 07, 2005 02:27
こんにちは、& はじめまして。 dadaさんのブログから、来て見ました。北欧はあこがれの地です、子供の頃からの・・どちらかというとスウェーデンがすきなのですが、まだ、行ったことはありません。カバンに乗って旅行する物語、あれも、北欧の童話ですよね。昔の人は、なぜ、あんなに自由な発想で童話を書くことができたのでしょう? 現代も子供用の絵本や物語は、出ていますが、昔の童話ほど、シンプル&面白い&知恵が詰まっている、というものが少ないように思います。また、遊びに来ます。 
Posted by 宇宙和里 at June 07, 2005 17:08
マキちゃん、
んーん。そうですか3日ですか。。確かにオーデンセからコペンハーゲンへの行路は凄まじかったでしょうね。なけなしでしかもまだ、14歳。ビックリしてしまいますよね。
今年はアンデスセンの200周年。沢山の行事があるとか。
そして、デンマークには、アンデルセンの博物館。のんびり北欧の旅でもしたいものですね。
Posted by robin elise at June 07, 2005 22:18
宇宙和里さん
はじめまして。そして、ようこそ。んーん。実は私は北欧からの知人はいるのですが、英国以外、ヨーロッパに行った事はないんですよ。スウェーデンは良い所だと聞いています。私の大学のルームメイトはスウェーデンの人だったのですが、なかなか聡明な人で、アメリカと彼女の祖国を対照した話をよくしていましたね。時々耳が痛くなったりして(笑)
北欧は私もぜひ行ってみたいですね。

さて昔の童話ですが。確かに発想は昔の方が独創性があり、大胆で面白いかった気がします。また読者自身もっとピュアでなにしろ長い話でも聞ける忍耐力があったかな。作品も変わりましたが読者も変わってしまったようです。

「宇宙和里」素敵な名前ですね。こんど遊びにいきますね。
Posted by robin elise at June 07, 2005 22:32