September 04, 2005

Labor Day Weekend

2d34eac7.jpg9月。そして、レイバー・デイ・ウイークエンド。

まだまだTシャツで大丈夫かなぁ、と思う反面、もう陽が短くなっていて、朝は肌寒い。秋が駆け足でやってきそう。

ノースウエスタン大学をはじめ、幾つかの大学があるここエバンストン市では、毎年この祭日は活気に溢れています。というのは学生の多くはこの週末に引越しをするからです。そう、夏の間それぞれバラバラになっていた生徒が帰ってくるのです。

ですから、小さいこのカレッジ・タウンの街中は、学生達の移動で大混乱。どの路上にも大きなトラックが止まっていて、生徒達が荷物を降ろしたり運んだり。ダブル・パークのために、道がふさがってしまったり、軽い事故が発生したり。夏の静かさが一変してしまいます。

そんな中、よく目につくのが初めてキャンパスを踏む新入生とその家族。

生まれて初めて家を離れ大学生活を始めようとする希望一杯の新入生と、まだ子離れができなく心配な親御さんたち。

「Common Dad!」「御父さん、しっかり」と声のする方へ目を向ける、路上で父親と娘がマットレスを運んでいる。その親子は不器用にアパートの階段を一段ずつ一緒に上がっていく。笑顔の娘、汗をかきながら苦笑いのお父さん、そんな姿をみると自然に心が和んでしまう。

私の場合どうだったろうか。家の都合で高校をでて2年間は銀行で働かなければなら時、初めて家を出た時、そして、退職後に大学へ入学した時。

街中で渋滞につかまり、車の窓越しから、遠い昔の思い出がひとつ、ふたつ。

今日一日、笑顔で。


Living in a college town, I see many students coming back like migrant birds during the first week of September. Yes, Labor Day weekend is known as the time for students to move into their dormitories or new apartments. On every corner of Evanston, I see students carrying their furniture and belongings, getting ready for the new semester.

It is nice to see these student’s, especially the freshmen’s faces filled with hope, and the faces of anxious parents who are about to let go of their child, who is “leaving the nest.” September is a time for change and adjustment. Good luck to all!


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/robin_elise/30968126
この記事へのコメント
ロビンさんこんにちわ!

私も家を出た時の事を思い出しました。
私の場合大学は家から通ったので、就職した時隣の県の独身寮に入ったのです。布団とちょっとした衣類しか荷物がなくて、お父さんの車で運んでもらった事。ロビンさんの文章で思い出しました。
独身寮は5階建てで、エレベータがなくて5階まで階段でロビンさんの文章の父と娘のように運んだのです。
丁度17年前の事ですが、鮮明に思い出しました。

新しい学期いいですね。ロビンさんのおかげでイロイロ思い出しました。ありがとう。
Posted by マキチャンズ at September 04, 2005 02:36
マキちゃん、

ありがと。こうして又、まきチャンと話せるのことは、
嬉しいです。毎日は更新できませんが、
まぁ出来るだけってことで。。。

そうですね。カレッジ・タウンのいい所はやはり、
新鮮さです。若い人に囲まれているとなんだか
自分までわかがえる気持ちになったりして。。

なんかすごく年寄りっぽいセリフ(笑)

では、うん、御互いにがんばろうね。
Posted by ロビン at September 05, 2005 05:09