September 23, 2005

Potato Sack Race

f057347a.jpg9月の終わりの日曜日、私が働いている会社のバーベキュー・パーティへ行ってきました。

アメリカでの多くの会社はこのようなパーティを開く際、スタッフとその家族も招待します。お互いの家族と交流し、より同僚との関係を充実させようということです。

もちろん私も主人と陸を連れて行って来ました。彼は去年のクリスマス・パーティにも参加していたので、あまり違和感もなく私の同僚達に溶け込めたよう。

おそらく、この夏最後になるバーベキュー・パーティ。テーブルの上は、皆から持参された食べ物やデザート、配達されたピザ、焼かれた肉や野菜などで、隙間がないくらいびっしり並びます。芝生に座って、気の合った同僚とその家族と話しながらする食事はホントに美味しい。ついつい食べ過ぎてしまう。(笑)

さて、このようなパーティでは、バレーボールやビリヤードなど、家族の誰もが参加できるゲームやイベントが行われます。その中でも一番の人気はポテト・サック・レース。 

ポテト・サック・レースはこの時期のパーティの定番。大きなジャガイモの麻袋に両足を入れて、ホップしながら、それぞれがゴールまで競い合います。

今回のレースには主人を含めて30人ぐらい参加。優勝者にはバスケットボールの試合のチケットということで、主人はもうヤル気満々。(彼は、気に入った景品がでるとやたらと燃えてしまう単純な性格。)

さてと、予選は無事に通過、そして決勝戦、主人は転ぶのを恐れて、ゆっくり行き過ぎたよう。優勝者は11歳になったばかりのルーク。2度も転びましたが、ガムシャラにホップしたルークはとにかく早かった。最後の15メートルで皆を抜いてしまいました。ちなみに主人は賞金なしの5位でした。(苦笑)

ハーベスト(収穫)の秋。夕方に吹く風は日に日に肌寒くなっていくよう。ポテト・サック・レースで使われた麻袋をみると、もう夏は過ぎて去ってしまったと、気づいてしまう。

今日一日、笑顔で。

Isn't this funny? A group of adults & kids doing a potato sack race!
This is a traditional out-door game, and my husband was eager to participate. Well, he did fairly well after all, coming in 5th, and not falling down! The winner was 11 year-old Luke. Even after falling twice, he was able to beat everyone. How did I do in the potato sack race?
Hmmmm, don't ask.

Although we didn't get to do much traveling this summer, it's always easy to enjoy the warm days. We'll have only a few of those warm days left before fall settles in!

I hope you have a good day!


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!



  

Posted by robin_elise at 14:21Comments(12)TrackBack(0)

July 20, 2005

似たもの同士

61003764.jpg(応援有難うございます。これは4月28日からのバックナンバー、私の好きな記事のひとつです。)

「君は僕のないものを持っている。だから好きなんだ。」
なんて告白されたら、グラッと、心が揺れたりして。でも、アイオワ大学のソーシャル・サイエンティストによれば、そういう人には、目もくれない方がいいそうです。彼らの研究によると性格や考えが似ているカップルの方が、より長く、深い愛情関係を持つことができるとか。

このリサーチは291組のカップルを対象に、個人の性格の特長をそれぞれ調べて、二人の相違点や共通点を基に、彼らの関係の行方を調査したそうです。

例えば、社交性。貴方はたくさんの友達をもっているとします。もし、付き合っている人が、人と交流するのが好きなら、ポジテヴ。 人見知りしてしまうのならネゲテヴ、という具合。他に、自立性、愛情性など幾つかのカテゴリーがあり、総合して、カップルのポジテヴ、又は、ネゲテヴの傾向を決めるよう。(この場合、ネゲテヴは悪い意味ではない事を忘れずに。)結果とすれば、それぞれのカテゴリーに共通性があればあるほど、カップルとしての成功率が高いとか。。。

専門学者アロン氏によると、私達は自分が無い性格に最初は憧れるものも、結局は、同じ性格の人と一緒になる傾向が強い。それは、自分と同じ性格を持つ相手の気持ちが、理解しやすい、という訳です。

そうなのか。。。と、納得したような、しないような気持ちで、ついつい隣で、キーボードを叩いている旦那を見いってしまう私。

この人と私は似ているのだろうか?でも、どこだろう? まず、うわべではないな、彼は典型的なアジア人で、そして私は典型的な白人。国籍は違うし、育った環境も違う。性格はそれほど似てるとも思えないし。。。 趣味も違うような気がする。 お寿司は二人とも好きでよく食べるけれど、私が好きなのはハマチやサーモン、彼の大好物は私の嫌いなイカやウニ。

それでは、共通なところは。。。朝が苦手?

今日一日、笑顔で。
Good Morning!
Interesting isn’t it? Even though the statistics say one thing, there are always exceptions. So if you find his traits are different from yours, don’t worry. Just love him, regardless!


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!


  
Posted by robin_elise at 21:53Comments(13)TrackBack(0)

July 08, 2005

ミントと渋滞

d133b828.jpgシカゴはアメリカで第三番目に交通状況が悪いといわれている都市。特に、郊外から都内へ繋がるハイウェイは最悪。雨のラッシュアワーでは通常20分でいける距離が、二時間以上掛かってしまう。
 
運転自体好きではない私にとって渋滞に出くわすと、もう、うんざり。音楽もあまりストレス解消にはならない。 さてと、どうしたことか?

そんなわけで今日はアロマと運転の話。実は車の中の芳香はドライバーの運転の良し悪し、そして気持を大きく左右すると結果がでたらしい。

調査によると、シナモンやペパーミントの香りはドライバーの不安を20パーセント、疲れを15パーセント、そしてストレスを25パーセント下げることができるという。

又反対に、ドーナッツやハンバーグなどのファーストフードは運転手を怒りっぽくさせ、スピードを無意識に上げさせてしまうという。

「ミントの香りは意識の機敏さや眠りをコントロールする大脳の部分を刺激し、運転を向上させる。しかし、車の中にあるファーストフードに関しては、早く食べたいという焦りから、アクシデントになってしまうでしょう」と、ウイーリング大学のDr.ランダーブッシュ。

アメリカでは、約十万の事故の原因は疲労やストレスからだそう。シナモンのチューインガムやミントの香りがする置物は交通事故防止に役立つかもしれませんね。

でも、私にとって、一番の解決方はラッシュアワーでの運転を避けることかな。でも、それはできそうもないです。(笑)

今日一日 笑顔で。

Hi everyone,
I'm not too fond of sitting in traffic (such a waste of time)! Since I commute to my job everyday, I pass the time by listening to the radio. So, I guess having some fresh mint fragrance in the car during rush hour might help improve my driving performance & eliminate road-rage. Sounds great! But what I really want is to avoid driving during rush hour. Have a great weekend!


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!


  
Posted by robin_elise at 23:44Comments(6)TrackBack(0)

June 29, 2005

Summer Family vacation

7dbad497.jpg夏って開放的な気分になりますよね。仕事やら育児をしている最中に、ふと窓から外を眺めて、「どこかへ旅行したいなぁ」なんて思ったり。

さて、そこで今日はアメリカでの家族旅行について。幾つかの雑誌や新聞からこの夏の推薦観光地を取り上げてみました。

まずは、ワイン・カントリー。(Wine Country)
「カリフォルニアのナッパ・ヴァリー(Napa Valley)は洒落たレストランやロマンティクなホテル、そして、もちろん、ワインの味見などで評判だが、家族旅行にも最適。」とNY・Times。特にVineyards of Calistoga と V.Sattui in St. Helenaが家族に人気があるそう。ピクニックそして壮大なブドウ畑を通る路面電車は子供達に大好評とのこと。

ハワイでのアドベンチャー。(Adventures in Hawaii)
月刊誌、Travel+ Leisure Family ではカウアイ島(The island of Kauai)を推薦。大自然に囲まれてのツアーは他では全く見られないものと絶賛。なかでも、Napali Coast にある家族むけ、Kalalau Trail、カヤッキング、スナークル教室などいろいろ楽しめるよう。

古いマジック・キンダン。(Lake Winnepesaukah Amusement Park)
もし、貴方がアメリカの歴史的な遊園地を家族で楽しみたいのでしたら、テネシー州にあるLake Winnepesaukah Amusement Park in Chattanooga、と月刊誌Atlantic Monthly。この遊園地は多彩な乗り物の他に、ネイティブ・アメリカン(インディアン)のテーマを取り入れて、通常とは全くちがう雰囲気をだしているそう。

最後に、50周年のディズニーランド。
カリフォルニアのディズニーランドは今年で50周年。7月の17日の開園の誕生日に18ヶ月にわたるパーティを企画しているとBee・マガジン。やはりディズニーだけあり、そのスケールは大きく、新しくデザインされた花火から、ピーターパンのティンカーベルも出てくるそう。

どうですか?残念ながら、私達は引越しの準備に追われてしまい、この夏、旅行にはいけませんけれど、よろしかったら参考にして下さい。

今日一日、笑顔で。

Summer time, for some reason, has our minds drifting off wanting to visit new places. Here, I've mentioned four destinations for the entire family. I hope you can visit some of these places. I'd like to be traveling somewhere this summer, but I will be spending time preparing to sell our house, and moving to another location. So, we'll have to hold on any trips this year. But we will spend time being outside, and going to some evening concerts in the north suburbs of Chicago.


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!

Contact:
Napavintners.com Outfitterskauai.com Lakewinnie.com Disneyland.com
  
Posted by robin_elise at 01:34Comments(8)TrackBack(0)

June 28, 2005

Love is blind。

b88de915.jpg恋は盲目。

恋はアディクティヴ。

アナタだけしか見えない! なんて、歯の浮くような言葉。
でもこれって、結構本当かも。

NY・TIMESの記事によると、愛への切望心は独自の生物的な衝動によって起こると頭脳調査の上で確認されたとのこと。

この調査は、「恋をしている」多数の大学生の頭脳をスキャンし、反応を分析したもの。結果からすると、「恋」は、渇望、空腹などの神経に反応し、性的な喚起からではないよう。

つまり、恋は食べること、飲むことの願望に近い性質があるということ。

人類学者、ヘレン・フィシャーさんによると、恋は、生物的であるものだが、切望心があまりに強いと報酬への期待感が高まり過ぎて、溺れてしまい中毒症状を起こしてしまうこともある、と主張。

「愛の痛みを持つと、圧倒されてしまい。コントロールができず、理性さえ失ってしまう。そして時には、生活する意欲せえ失くしてしまう。」

さらに、突然に恋が終わってしまうと、この切望心は無くなるどころか、さらに強くなってしまう、そして、それは、中毒者が常用していたドラッグを停止した時に見られる禁断症状と相似している、とのこと。

なるほど。恋ね。

ソファで転寝をしている主人を眺める。あららら、ちょっと口があいているよ。

盲目の恋。 
ふーん。私と彼はお互いに言葉もろくに通じない時にめぐり合い、いろいろな事を試行錯誤でやってこられたのも、やっぱり、この(理性に反した)感情があってからこそ???

それにしても、リワードは、いったい何なのかな?(笑)

今日一日、笑顔で。

Well, it is fascinating to learn about how the mind works in the throes of romantic love. This study explains why love is "blind," irrational & often overwhelming! (Giving us the greatest joy as well as sadness).
Despite centuries of literature and music on the emotions of love, it seems impossible to resist riding this emotional rollercoaster!


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!

Reference: NY Times Hellen Fisher

  
Posted by robin_elise at 02:05Comments(8)TrackBack(0)

June 24, 2005

風船の影とJohn・M・Brown

70c02d07.jpg最近散歩に出かけると、18ヶ月になった陸はべービーカートの横で取っ手を掴みカートを押して歩く。「乗るのはもう卒業、ママの様に押すことも出来るゾっ」といわんばかり。

カートを押しながら、しきりに車輪が回るのを見ている。車輪が回りだすと、その上に乗っている物が動くということを陸は発見したらしい。

そんな陸。どうやら別な事を探り当てたみたい。

先日、近所の子供フェアの帰りに風船をもらい、それをカートに結び付けて歩きだす。いつものように、陸はべービーカートの横。すると、陸が急に歩道の上でしゃがみこむ。そして、しきりに両手を動かしている。

彼の手のあたりには、風船の赤い影。陸にはその影が、水や物体ように見えて、一生懸命両手ですくおうとしている。風で風船が揺れ、影も動くと、陸は地面に映った影を追いかける、足で動きを止めようとしたり、手でブロックしようとする。

陸の仕草が可愛く、思わず見入ってしまった。
赤くて丸い影の発見、でもその正体が分かるまで、陸には時間がかかるかな。

影というと、ジョン・メイソン・ブラウン(1900−69)の話を思い出す。彼は昔の有名なアメリカの芸術批評家で、ニューヨーク・ポストで主に歌劇と映画を担当。ブラウンのコメントはカラフルで絶えず、話題になっていたとか。

例えば、こんな面白いコメント。
“America is a land where men govern, but women rule.” John Mason Brown
(アメリカは男が治めるているようではあるが、女が支配する国である。)

そんなブラウン、ある日、メトロポリタン美術館で講義をしている途中、ふと、スクリーンに同じ背丈の男に気がつく。そして、その男は自分の身振り手振りをまねしているではないか。

ブラウンはその男に立腹。講義を一旦止めて。観客に、手をひろげて、
「もし、私の講義がつまらないのであれば、どうぞ、帰って結構ですよ。特に其処の人!」と
スクリーンに映った自分の影を指して、怒鳴ったらしい。

この出来事。その日の彼の講義の内容より、当然話題になったとのこと。

今日一日、笑顔で。

Isn’t it wonderful to watch a child discover new things, and learn something new right before your eyes? Riku really enjoyed chasing the shadow of a red balloon, and tried to scoop it up with both hands. As for John Mason Brown, he was a leading U.S. critic of performing arts. His colorful comments, and original perspective made him famous.


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!

Reference: Bartlett’s Book of Anecdotes
  
Posted by robin_elise at 12:29Comments(6)TrackBack(0)

June 20, 2005

Father'sDay と フロイド

d55750a2.jpg今日は日曜日、 シカゴは快晴。青い空がどこまでも広がって、雲ひとつみえない。ミシガン湖からの涼しい風が心地良く、家から外にでるようにと誘っているよう。

それに、今日は"Father‘s Day。"
家族で時間を過ごすには最適の日。3人で湖沿いの公園にいくのが待ちどうしい。

そこで、今日はこの記念すべき日について。

この日の由来は、1909年、ワシントンDCのソノラ・ダッドさんのアイデアからだそう。なんでも、ダッドさんは教会で「母の日」の祝言を聞いていた時、彼女の最愛な父にも、このような祝日をと願ったとのこと。 

ソノラは六人兄弟姉妹の1人。彼女の母親は6人目の子供を産んでしまうと、不幸にも亡くなってしまい、ソノラさんのお父さんは男手ひとつ、6人の子供達を育てたという。ソノラはそんな父親の献身、愛情、そして勇気に感謝し、父の日を設け、敬意を表したいという。

1910年、クーリッジ大統領がソノラの気持に共鳴し、父の日を支援。そして1966年、ジョンソン大統領が6月の第3日曜日を公式に「Father’s Day」として宣言しました。

さて、幸運にも私は3人の父親を持っている。父と義父にはカードと陸の写真を送りました。毎年遅れてゴメンネ。(笑)

そして、二度目の父の日を迎える主人に、この父の日、何がしたいと聞いてみた。

「ビールを飲みながら、新しいスーターウォーズを見たいなぁ。」と主人。

「そうね、こんな良い天気。家族で散歩、すてきでしょうね。」と、主人の言葉を無視しての私。

「。。。」苦笑いの主人。暗黙?(でもないか)のメッセージが届いたよう。(笑)


すべてのお父さん達へ、フロイドはこう言っています。

"I cannot think of any need in childhood as strong as the need for a father's protection." -- Sigmund Freud

(子供に必要なものは父親からの保護、それ以上に必要なものは私には考えつかない。)

今日一日、笑顔で。
Happy Father’s Day!

Well, after taking a long walk, he did watch “Lord of the Ring” on DVD. Boy! That was a long film. No, I did not give him a neck-tie (a common father’s day gift), but he received some flowers and a gift card from his favorite coffee shop, where he spent a long time reading a book. Happy Father’s day!


応援おねがいします。
人気blogランキングThanks for visiting!
 
  
Posted by robin_elise at 07:46Comments(15)TrackBack(1)

June 07, 2005

アンデルセンとLove letter

8348b8cc.jpgさてとアンデルセン。 有名にはなったものの、人と折り合いがつかない。その場の雰囲気を読むことができず、風変わりな行為をしたりして、奇人として評判になってしまう。

例えば、チャールズ・ディキンズの家に招待された時、数日間の予定を、アンデルセンは5週間も居座ってしまい、追い出されるようにディキンズの家をでたとか。

また、ある時、アンデルセンは知人の音楽家を急に呼び出す。その音楽家はなにかと思い会ってみると。アンデルセンは彼自身の葬式の曲を書いて欲しいとのこと。
「そんな、葬式など、まだまだ先のことでしょう。」まだ40そこそこで健康なアンデルセンに驚く音楽家。
でも、アンデルセンは、音楽家の気持ちを全く無視して。
「おそらく、たくさんの子供がくるからね。やはり、リズムとしては、アップ・テンポ。速いビートの方が、彼らの小さな歩幅にあっていて、喜んで行列に参加してくれるだろうから」と真顔で言ったとか。

でも、やはりアンデルセンは、ロマンティクな人だったよう。

彼は子供を溺愛しましたが、結婚は生涯しませんでした。
晩年、気管支炎が発展し肝臓癌になってしまう。
自分の世話が不自由になり、彼はコペンハーゲンの海岸沿いにある知人の家へ。

窓から海が見える部屋で日々を過ごしたそう。

ある朝、彼はいつもの様に、静かにお茶を飲み、ベッドの上から海を眺めていたという。
そして、数十分後、彼は眠るように息をひきとった。

彼の手には一通の手紙。
それは44年前、彼が愛した唯一の女性からの別れの手紙だったという。

今日一日、笑顔で。

As you read more about Anderson’s life and what he was like, you can appreciate his work more. It seems that throughout his life he always saw himself as a “misfit” or “outcast.” Despite his eccentricity and negative reputation, his romanticism and his love for children are genuine and touching. I hope you enjoyed these anecdotes.


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!


Photo;Henrik Tilemann, Frijsenborg


  
Posted by robin_elise at 21:54Comments(8)TrackBack(0)

June 06, 2005

アンデルセンと彼の生涯

b5b3493d.jpgゴソゴソと掃除している時に出てきたのが、昔、愛読していたアンデルセンの詩と童話集。
あぁ、これは随分前から、子供ができた時のためにと取っておいたもの。そろそろ陸に読んでやれる時がきたかな。

アンデルセンはなかなか面白い人。ひょろっとしていて、無頓着で、そして、世の中と折り合いがつかない。ドリーマーという言葉をそのまま人物にした人のだったよう。彼の作品は、地球上ほとんどの人が知っていますが、彼の生涯についてはあまり知られてない。

そこで今日と明日、アンデルセンの生涯、そして、彼にいつわる話を。

ハンズ・クリスチャン・アンデルセンは1805年、デンマークのオーデンセのスラムに生まれました。彼の父は貧しい靴職人、母は洗濯婦。少年時代、彼はほとんど教育をうけていませんでした。

11歳の時、父を亡くし、見習いとして職を転々としましたが、どれもどうも板につかない。そこで、14歳のとき役者志願、コペンハーゲンへ上京。彼はソプラノの声があり、その美しい声質をかわれ、スターにはならないまでも、ローヤル劇場の舞台にまで上がったという。

しかし、声変わりの時期が訪れ、劇場を去ることに。そんな時、ディレクターの一人が、彼をグラマー・スクール(小学校)に推薦。17歳で11歳年下のクラスメート達と机を共にすることに。

それでも勉学に励み、文学に目覚めたとのこと。そして、1828年、コペンハーゲン大学に入学。翌年、彼のミュージク・ドラマ、「Love in St. Nicholas' Church Tower」がローヤル劇場で開かれ、着々と名を上げていく。

彼は生涯の旅行好き。ビクター・ヒューゴ、チャールズ・ディキンズなど、数々の有名作家を訪れてながらヨーロッパ中を歩き回ったそうです。そんな彼のイタリア旅行の体験をかいた、「即興詩人」が大ヒット、文学の世界で一目を浴びることに。

その後、ご存知のように「おやゆびひめ」「人魚ひめ」「はだかの王さま」など多くの作品を書き、1875年、70歳で他界するまで、150編あまりの童話を書き続けたとのこと。

さまざまな不幸、挫折、苦労を経験しての成功。みにくいアヒルの子は、アンデルセン自身だったのでしょうね。

今日一日、笑顔で。

I love Hans Christian Anderson. He is known for fairly tales, but his stories were not meant merely for children but for adults as well. He has also written plays, novels and travelogues. Actually, I love his poems. They are very touching and pretty. Anyway, as glancing through my old Anderson’s book, I thought you might be interested in knowing his life.


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!


Reference: Literature Network
  
Posted by robin_elise at 22:23Comments(4)TrackBack(0)

May 27, 2005

Mystery Pianist

5335c30d.jpgこれはイギリスでのニュース。

先月、英国の警察はケント市の通りで一人の男を保護しました。彼は言葉を話せなく、酷く脅えているよう。正装はしていましたが、服はびっしょり濡れていて、身元を証明するものはなにも持っていないとのこと。

当惑した警察とソーシャル・ウォーカーは、黙って背中を丸めて座っている彼に、ペンと紙を渡したそう。すると彼は文字ではなく、ピアノの絵を描いたという。

それ以上なんの手がかりもつかめないので、仕方なく、その男をピアノ前に連れて行く。彼は少しの間、鍵盤を見つめていた後、ピアノを弾きはじめた、それも完璧に、何時間も。何時間も。

立ちあっていたソーシャル・ウォーカーによると、ピアノを弾いている彼の態度はまるで違っていたという。楽しそうで自信に満ちていて。彼の奏でる旋律は美しく、聞いていた者の心を魅了したそう。

残念ながら、彼のアイデンティティはいまだに分かりません。でも、これは故意的にパブリシティを高める為にした事ではないよう。警察はヨーロッパ中のオーケストラに彼の身元捜索の協力の願いを出したという。

この話。なぜでしょう。心を刺すものがありますね。

今日一日、笑顔で。
 
Greetings,
It might be because I love piano music, but I find this story fascinating and touching. I guess what I like about it is that if you have a passion for certain thing, no one, even yourself can take it away! Well, I hope he will find his identity and live his life just like he played his piano. Have a wonderful day, friends.



応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!

  
Posted by robin_elise at 21:46Comments(5)TrackBack(0)