September 10, 2005

The Glass Ceiling

3836ff32.jpgThe Glass Ceiling (ガラスの天井)という表現をしっていますか? 

これはビジネスでよく使われる言葉で、仕事の成果に関係なく、人種、性別、年齢などによって昇進が妨げられてしまうこと。残念ながら、まだまだ男尊女卑が存在しているアメリカでは、ガラスの天井は私達女性にとってとても重要なトピック。どのように、この天井を砕くことが絶えず話題になっています。 

そこで最近のワシントン・ポストの記事。この記事によると、ガラスの天井を砕いた女性成功者は男性をリードできる人材であり、決して会社内で女性平等の権利を絶えず主張する人ではないよう。

スーザン・リード記者によれば、会社の方針に対して女性委員会を組んだり、運動を起こす女性よりも、会社を肯定的に考え、良い結果をもたらす女性の方がより昇進しやすいとのこと。

うーん。まぁ当然といえば当然。

確かに会社に対して否定的で、不満や文句を並べている(たとえ、それがいかに的を得ているとしても)従業員よりも、チームワークを重視し、同僚から支援され、業績を残せる女性の方がもちろん昇進できるでしょう。

でも。この記事、なんかちょっと納得いかないところもある。おそらく批判の声が上がる、運動が起きるということは、やはりそれなりに会社に落ち度や欠点があるはず(実際、ない会社なんてない。)そこで、ただ単に会社の方針や上司の言いなりになってしまうのもどうかなと思う。

ガラスの天井をなくし、従業員をより効果的に活用するには、まず官僚側が会社の落ち度を耳にし、従業員からの指摘を受けた上で改善をし、良い環境を創ることなのでしょうけれどね。

まぁ、もっとも、本当にリードできる女性は、男性の同僚や上司に会社の落ち度をなにげなく気づかせて、改善の方向にもっていける賢さがある人なのでしょうね。

あらら、ちょっと説教じみてしまった。(笑)

今日一日、笑顔で。

The topic of guiding women on how to get beyond the corporate "glass ceiling" is important. According to Susan E. Reed in the Washington Post, it's far more likely to get promoted if you are a team player and effective in your job, rather than filing lawsuits or forming women-only grievance committees. And most importantly, she adds, successful women are able to lead people effectively.

Well, this article is insightful, but of course it's also important for companies to provide working-environments where an individual worker can contribute her best! After all, we, women, have to use all our wits!


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!


  

Posted by robin_elise at 05:50Comments(2)TrackBack(0)

The Glass Ceiling

3836ff32.jpgThe Glass Ceiling (ガラスの天井)という表現をしっていますか? 

これはビジネスでよく使われる言葉で、仕事の成果に関係なく、人種、性別、年齢などによって昇進が妨げられてしまうこと。残念ながら、まだまだ男尊女卑が存在しているアメリカでは、ガラスの天井は私達女性にとってとても重要なトピック。どのように、この天井を砕くことが絶えず話題になっています。 

そこで最近のワシントン・ポストの記事。この記事によると、ガラスの天井を砕いた女性成功者は男性をリードできる人材であり、決して会社内で女性平等の権利を絶えず主張する人ではないよう。

スーザン・リード記者によれば、会社の方針に対して女性委員会を組んだり、運動を起こす女性よりも、会社を肯定的に考え、良い結果をもたらす女性の方がより昇進しやすいとのこと。

うーん。まぁ当然といえば当然。

確かに会社に対して否定的で、不満や文句を並べている(たとえ、それがいかに的を得ているとしても)従業員よりも、チームワークを重視し、同僚から支援され、業績を残せる女性の方がもちろん昇進できるでしょう。

でも。この記事、なんかちょっと納得いかないところもある。おそらく批判の声が上がる、運動が起きるということは、やはりそれなりに会社に落ち度や欠点があるはず(実際、ない会社なんてない。)そこで、ただ単に会社の方針や上司の言いなりになってしまうのもどうかなと思う。

ガラスの天井をなくし、従業員をより効果的に活用するには、まず官僚側が会社の落ち度を耳にし、従業員からの指摘を受けた上で改善をし、良い環境を創ることなのでしょうけれどね。

まぁ、もっとも、本当にリードできる女性は、男性の同僚や上司に会社の落ち度をなにげなく気づかせて、改善の方向にもっていける賢さがある人なのでしょうね。

あらら、ちょっと説教じみてしまった。(笑)

今日一日、笑顔で。

The topic of guiding women on how to get beyond the corporate "glass ceiling" is important. According to Susan E. Reed in the Washington Post, it's far more likely to get promoted if you are a team player and effective in your job, rather than filing lawsuits or forming women-only grievance committees. And most importantly, she adds, successful women are able to lead people effectively.

Well, this article is insightful, but of course it's also important for companies to provide working-environments where an individual worker can contribute her best! After all, we, women, have to use all our wits!


応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!


  
Posted by robin_elise at 05:50Comments(2)TrackBack(0)

June 17, 2005

ココ・シャネルの生涯

dc7b05da.jpgシャネルは1883年、フランス、オーベルニュ地方、貧しい家庭に生まれます。父が逃亡してしまい、そして母と死別。彼女は孤児院で女裁縫師になる勉強をしていましが、17歳になると其処を去り、キャバレットの歌手に成ります。

そこで、バルサンという道楽人に見初められ、彼の援助でパリへ移り、帽子屋を開業。このビジネスを通じ、彼女は最愛の人、アーサー・カペルと恋仲になります。

カペルは彼女のビジネスをサポートし、フランスの高級リゾート地へ彼女のアクセサリーや服を送り込みます。そこで、彼女のデザインしたベルトを備えたルースなセーターとお揃いのスカートが成功。

男性専用ジャージー素材を生かし、体を自由に動かすこといった機能性を重視したスポーツ・ウエアなどが彼女の人気を着々と上げていきます。 でも、不幸にもカペルを事故で失ってしまってしまう。 悲しみの中、彼女は仕事への情熱をさらに強くする。

この時分、なによりも話題を集めたのは香水。独特な優雅な香り、アートデコのデザイン、Chanel No. 5 は1923年に創られたもの。デザイナーの名前を香水のネームにするのは、過去になかった画期的な発想。彼女はCHANELいうブランド名を確立させます。

しかし、その後、芸術家や政治家とのスキャンダル、ユダヤ人迫害の同意、そして、ドイツ軍への援助など、数々の悪い噂に巻き込まれ、シャネルのイメージに影をさします。

そのようなブランドの後退の中。彼女は奇跡的なカムバックを成し遂げます。1950年代、シャネルは女性のスーツを発表。保守的でかつセクシーなスーツは、アメリカで画期的な成功あげ、そしてヨーロッパへと着々と広まっていく。そして、この期を折にして、彼女のブランド・イメージが再確立し、今のシャネルに至っているということ。

ココ・シャネルは、87歳リッツホテルで亡くなるまで、情熱的に仕事をしたという。

プラダはココ・シャネルについてこう言っています。
"She was really a genius. It's hard to pin down exactly why, but it has something to do with her wanting to be different and wanting to be independent."

(彼女は天才です。なぜかよく分からないのですが、彼女の情熱の根源は他の人と違いたい、そして、独立したいという強い切望心からでしょう。)

CHANELブランドの裏にはココ・シャネル。そこには、一人の独創的な女性の情熱的な生涯が描かれています。

今日一日、笑顔で。

I hope you enjoyed reading about Coco Chanel for the last two days.
Behind the name 'Chanel,' there was passion, conflict and a zealousness for life. In America, her designer suits were embraced particularly by women. She was a prominent artist whose medium was fashion. Cocteau once said of her that "she has, by a kind of miracle, worked in fashion according to rules that would seem to have value only for painters, musicians, poets." I hope you have a good day!


応援おねがいします。
人気blogランキング
 Thanks for visiting!
Reference: The Metropolitan Museum of Art. Time magazine

  
Posted by robin_elise at 23:50Comments(4)TrackBack(1)

June 16, 2005

Chanel と NYC

e49288ac.jpg“I want to be a part of what it is to come”
(私は「これから」になりたい。)Gabrielle Chanel
これはシャネルの残した有名な言葉。

前回のNYCのニュースにちなんで、今回はNYCのメトロポリタン美術館で今開かれているシャネルの展示会の紹介。今日と明日の二日間にわけてシャネルのファッションと彼女の波乱万丈の生涯について。

ガブリエル・シャネル(1883−1971)、は単に女性のファッション感を変えるだけでなく、多くの女性に女性観そのものを覆させた人物。頭が切れ、エレガントで、そして、なによりも時代の最先端を走った女性だったよう。

男性特有のスタイルを女性のファッションにアクセントとして取り入れ、彼女の作品を着ている女性に、飾られた服装より、隠れた贅沢さと寛ぎを与ることは、ガブリエル (俗にココ) シャネルのファッションの定義。ココは1920年代から60年代まで、全く違う世代の女性達それぞれに、強く影響を及ぼした。そして、彼女のコンセプトとマーケティグ方法は、現在でもLang, Prada, Sander and Versaceのような人気デザイナーにも共鳴しているよう。

私にとって、シャネルの魅力は2つある。

一つは彼女の彼女自身に対する絶対の自信。
例えばシャネルにまつわるこんな有名な話がある。
彼女は美しく、優雅で大変にもてたという。そんな中ヨーロッパで数本の指にはいる大富豪、the Duke of Westminsterが彼女に求婚。
でも、ココは「伯爵や大富豪は何人もいるでしょう。でもシャネルは私だけ。」
と言って断ったとか。

そしてもう一つはシンプルさを洗練された優美に置き換えたこと。
彼女はこう言っています。
“The seeming simplicity of a masterpiece is sure proof of its grace.”
(成就されたシンプルさは優雅さの証。)
このコンセプトは彼女のジュエリーデザインに強く感じられる。

もし皆さんがこの夏、NYCに行く予定がありましたら、
メトロポリタンのシャネルの展示会を訪れてみたらどうでしょう? 


今日一日、笑顔で。

Is it interesting to learn about Coco Chanel? She really defined simplicity and grace for many women. The clothes Coco created changed the way women looked and how they looked at themselves. I hope you can go to see her exhibit or check these sites!

応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!


Reference: The Metropolitan Museum of Art.


追伸:
そしてもし、私のようにNYCへ行けないようでしたら、このサイトを訪れて見てはどうです?時代を超えたココのファッション性が発見できるかも。

メトロポリタン・シャネル展
シャネル(シャネル展から)  
Posted by robin_elise at 13:39Comments(6)TrackBack(0)

June 12, 2005

ブルック・シールズとBaby Blue

66e737f4.jpg最近、話題を呼んでいるのは、ブルック・シールズさんが書かれた本、"Down Came the Rain。" (Hyperion社) この本は彼女自身のPostpartum depression (出産後の憂うつ病)体験を語ったもの。

今日は、楽しい話題ではありませんが、Postpartum depression(ポストパータム・デイプレッション)について。

Postpartum depression、俗にBaby Blueは, あまり知られていませんが、産後の女性によくある症状。 70パーセントの女性は産後、ムードが変わりやすくなったり、感情的になりがち、でも、二週間ぐらいでほとんどの人が平常に戻るよう。

しかし、毎年40万人(およそ10パーセント)のアメリカの女性は酷いうつ病にかかってしまう。そしてその女性達のほとんどが(5人に1人以下)が治療を怠っているよう。

失望感、恐怖感、圧迫感、孤立感 などが主な症状で、子供との距離が大きくなってしまい、極度の疲労で生活の管理ができなくなる。あまり知られていないので、この症状を持った新しい母親は、自分を卑下してしまう傾向があるという。

ブルック・シールズはこう言っています。
“Remember: postpartum depression is beyond your control. Having it does not mean you are not a good mother or that you are crazy. The most important thing is that you don't wait for it to pass."

(産後のうつ病は、貴方自身で解決できません。ベイビーブルーになってしまった事で、貴方が良い母親じゃないと思うのは大間違い。一番大切な事は、何もしないで待たないこと。)

ベイビーブルーの治療は比較的シンプル、でも、治療を怠ったため、ブルックの場合、うつ病が数年間続いてしまい、その間、母としての嬉しさを失ってしまったとこの本で語っています。

治療方としては、まずは、症状の認識。そして、家族、友達からの理解と助け(最も大事)。そして、必要だったら医術、医薬による治療が推薦されていました。

これは、私達、母親もしくは女性にとって、とても重大なトピック、ベイビー・ブルーについて、もっと多くの人に理解してもらいたいですね。

今日一日、笑顔で。

Though, I did not have much postpartum depression, it’s easy to understand why so many new moms have this symptom. It’s too bad that “the baby blues” is not more commonly known about, so that more new moms would know they’re not alone, and shouldn’t feel guilty about it. Friends, this is an important topic to our friends who are expecting, or are new moms. Let’s help them out.



応援おねがいします。
人気blogランキングThanks for visiting!
 

Reference: Brooke Shields, Down Came the Rain (Hyperion), NY times; Jane E. Brody
  
Posted by robin_elise at 02:06Comments(9)TrackBack(1)

June 08, 2005

なぜ女性CEOが少ないか?

da4689a6.jpgなぜ女性CEOは少ないか?

この理由が最近スタンドフォード大学の調査より判明したよう。 結果によると、女性がCEOに達する能力が無いわけではなく、又、意地悪な男のボスが足を引っ張っているわけでもない。ただ単に、女性は企業社会の環境が嫌いなだけである、と最近のNew York Timesの記事。

この調査は2つのステップに分かれていて、最初は、簡潔な数学や論理に関する個人的な筆記のテスト。そして、次のステップは2回にわたるトーナメント。(敵と味方に分かれての試合)

筆記のテストをパスして、トーナメントへ進み、最初のゲームに勝つとする。そこで勝者は選択。その場で賞金をもらうか、それとも、賞金を受け取らず次のトーナメントへ進むか。そこで勝ったら、もっと大きな金額、負けたらゼロというわけ。何十人かの男女を対象に行なわれたそう。

統計によると、最初のトーナメントで勝った際、多くの女性は次にゲームに進まず賞金を貰ったよう。それに比べて、ほとんどの男性は(紙一重で勝った者でさえも)次のトーナメントへ進んだとのこと。

スタンドフォードのミュリオ・ナイオデーレ教授は、「女性は競争に対して躊躇してしまうのに対して、男性は競争そのものを楽しみすぎる傾向がある」と主張。

才質的には、女性の方が人をまとめる力があり、リードすることが男性より上手であるが、競争をベースとしている今の企業構成が、女性CEOの少ない理由を語っているという。

ふーん。私はこの調査のすべてに納得というわけでないが、それでも興味深い。

女性の競争嫌い。

それは、はたしてNatureか、それともNurtureか。 
(生まれ授かったものか、環境に育まれたものか)

それが問題?

今日一日、笑顔で。

Nature or Nurture; that is the problem! (laugh) Well, not having pursuing a corporation life, I thought this research was quite interesting. I guess many women prefer to thrive through cooperation and healthy human relationships. So, we do not like the competitive environment. I think we know that there is more than just winning a game.

応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!


Reference: NY Times, John Tierney
  
Posted by robin_elise at 21:08Comments(8)TrackBack(1)

May 29, 2005

黒人女性Millionaireとヘアートニック

73ff46c8.JPG今日からメモリアル・ウィークエンド。
この週末はたいがい友達や家族と一緒にバーベキュー。呼んだり、呼ばれたり。私達も明日、久しく会っていない友人の家へ行く予定。

テーブルごしに夫をみる。髪はボサボサ。床屋の嫌いな彼は、ヘアートニックをつければ、OKと思っているらしい。アピアランスに鈍感な男を夫に持つと妻はそれなりに苦労する。

ヘアートニックといえば、セラ・ヴレィドラヴ・ウォーカー (Sarah Breedlove Walker) 俗にC.J.Walker。実は、彼女は黒人女性の最初のミリオネアー(millionaire)です。今の時代ミリオネアーは、それほど珍しくはないけれど、1910年代では、ミリオンは莫大なる金額。大富豪のシンボル。それを、彼女は、貧困と人種差別の壁を乗り越えて、わずか13年という短い間でやりとげてしまった奇跡的な成功者です。

南北戦争が終わって3年後。C.J.ウォーカーは1868年に貧しい家庭に産まれ、14歳で結婚。20歳で未亡人になる。一人娘を養うために、レストランでクック、ホテルで洗濯婦をしたりしながら37歳になるまで働いていたという。

ある朝、彼女は洗濯場で彼女自身の姿を鏡でみて、このままでは人生は駄目になってしまうと突然認識し、わずか1ドル25セントの資金でヘアー・トニックの会社を起業しました。

数年後、会社は軌道に乗り、彼女はハドソン川に沿ったニューヨークの土地を買収し始める。その後、リオステイトは上がりに上がり、彼女はミリオネアーになったという。

後年、C.J.ウォーカーは、51年間の人生に終わりをつげるまで、黒人の生徒達のために毎年$10,000の奨学金を南部の大学に送り続けたという。アメリカン・スピリットを知る、一寸イイ話。

それにしても、ミセス、ウォーカーの貢献は素晴らしいが、私の夫にはヘアートニックより、ハサミが必要なよう。

今日一日、笑顔で。

Good morning,
I love the story of C.J. Walker. Despite adversities, race gender age, and poverty, she was determined to succeed and she did in such a short time. I think she is inspiring for everyone, and love to share her story.



応援おねがいします。
人気blogランキング Thanks for visiting!


Reference: NY times;courtesy of the Photographs and Prints Division, Schomburg Center for Research in Black Culture,The New York Public Library, Astor, Lenox and Tilden Foundation
  
Posted by robin_elise at 06:25Comments(12)TrackBack(0)

May 04, 2005

Being Woman Being Mother

57bb3106.JPG昨日、久しぶりにUSA TODAYをめくってみた。すると、女性に関する記事が最後の方のページに。早速読んでみると、仕事している、していないに関係なく、多くの女性は、母になった事には満足しているが、社会は母親になった彼女達に十分な敬意を払っていないという。

コネチカット大学とミニソタ大学の研究結果によると、5人に1人(19%)は、出産後、彼女達の女性としての価値や評価が下がってしまったと落胆。移りが速い現代社会の中、母親というレッテルに埋まれてしまい、だれも母親となった彼女達に立ち止まってくれない、尊重してくれないと思ってしまうよう。

それは同意しないまでも理解はできる。確かに、社会一般においては母親と女性とでは見る目が違います。一旦子供ができると、母親という強いアイデンティティができ、女性という意識が押されてしまうような。 母親と女性とのギャプがでてきてしまうような。そんな気持ちはアメリカでも日本でも、おそらく同じではないのでしょうか。

私達、母親は、もっと社会から敬意を払って欲しい認めてもらいたいと思う。しかし、その半面、何らかの理由で、私達はそれを拒んでしまっているようにも感じます。母親という存在を心のどこかで私達自身から蔑んでしまっているかもしれません。「ただの主婦」「ただの妻」「ただの母親」という具合に。子育てはどの時代にもあり、たくさんの女性が経験してきたことで、特別なものではないと思い込んで。

でも、私達は、子育ては偉大で、壮大で、特別だと自覚するべきです。人を育てるということは、いままで考えもしなかった度胸や勇気が必要で、限りない努力と犠牲を伴う。でも私達はそれを拒まない。むしろ進んで向かっていく。

社会から母親の存在を尊重してもらいたいのなら、まず、私達、母親自身が、子育てに対して強い自信を持たなければいけないと思います。そして、私達は、子育てというプロジェクトを心から愛し、取り組んでいる「女性」であるということも。

今日一日、笑顔で。

Hi Mom!
Yes, we know that raising children can be an indescribably joyful (and completely time consuming) experience. It's so easy to recognize how important mothers are, but so hard to take the credit ourselves! Have a wonderful day!

人気blogランキング
よろしかったら、クリックおねがいします。
  
Posted by robin_elise at 00:18Comments(6)TrackBack(1)

April 18, 2005

女性 とMBA 

b819d2fe.jpg女性 とMBA 

日本ではMBA(Masters of Business Administration)ブームだと聞きました。アメリカでも、MBAに進む人達の数は毎年増えています。中でも、女性のMBA保持者の増徴は、一世代にくらべると著しいとのことです。

では、就職後、彼女達の企業内での活躍はどうかと問われたところ、あまり良い結果はでていないようですね。アイビーリーグのMBA保持者の女性は、卒業したての頃はさまざまの大企業から引っ張りだこですが、就職後しばらくすると、男性に比べて、昇進されにくい、専務のレベルにはなれないと、実感してしまうようです。

さらに、統計によると、就職後、3人のうち2人は働いていた企業から離れるか、又はパートになってしまうとのこと。20人に1人という男性MBA保持者の結果から比べると、かけ離れていますね。

さて、このデータをどう解釈するか?

まず第一に、アメリカ女性が直面するワーキング・コンディションを浮き彫りにしています。海外からは男女平等の国と慕われているここアメリカでも、実際は、男尊女卑、グラス・シーリング、ネットワークなどのたくさん障害があり、女性が企業の中でトップに上がっていくのは難しいという事実。

でも、また ある意味では、家庭と仕事の両立を尊重しない、男性によって構成された企業のシステムに対し、自分の人生を犠牲にしたくないという女性の仕事に対する強い意志の表れだとも思えるのです。

大きな企業で、組織に埋まれてしまうより、家庭とバランスをとりながら、小さな会社でもいいから、自分の好きなフィールドで自分の力を試してみたい。 我々女性には、チョイスすることができるという自覚からの結果だと思えてなりません。

実際、この統計で、一つ輝かしいのは、女性による起業の数が毎年増えているということでしょう。私はMBAは持ってませんが、自分の仕事をやっている一人の女性として、この傾向には絶賛したいです。

では、今日も一日頑張りましょう。

Yes. I believe that women have more choice and opportunity in today’s business world. Go girlfriends! Go!

人気blogランキング
クリックお願いします。
  
Posted by robin_elise at 23:17Comments(1)TrackBack(0)